PORTER SLING SHOULDER BAG × Power Leaf - +Styleショッピング
最先端のIoT製品とあなたをつなぐ通販サイト

商品カテゴリーから探す

特集から探す

  • お出かけ特集 車載関連グッズ
  • 夏休み STEM教育特集
  • ペットと暮らす おすすめIoT商品
  • +Style ORIGINAL

ランキング

目的から探す

利用シーンから探す

IoT最新情報(+Style MAGAZINE)

+Style MAGAZINE
プラン一覧
プランを選択する

PORTER SLING SHOULDER BAG × Power Leaf

+Style (プラススタイル)
0


 

次世代バッテリーが「PORTER」とコラボレーション


人気バッグブランド「PORTER」と薄くて安全な次世代バッテリー「Power Leaf」がコラボレーション。デザイン性と利便性を兼ね備えたモバイルバッテリー一体バッグが誕生しました。


















外出先でバッテリー切れの不安をなくす
 

通常のモバイルバッテリーと違い、バッテリーをカバンに入れたまま充電・給電が可能。そのため、充電時に毎回バッテリーをカバンから出す必要がなく、スマートに充電ができます。また、「バッテリー自体を充電したままカバンに入れ忘れ、必要な時に使えない」という心配もありません。








薄型・安全な次世代バッテリー「セラミックバッテリー」を採用
 

厚みがあり、発火などのリスクがある従来のモバイルバッテリーのデメリットを解消する次世代バッテリー「セラミックバッテリー」を採用。バッグに入れても違和感のない薄さと高い安全性を実現し、持ち歩いていることを感じさせないバッグと一体となるモバイルバッテリーを開発しました。










Features

 

✓「PORTER」ロゴの入ったコントローラー
✓スマホを収納しやすいポケット位置
✓ケーブルが邪魔にならないデザイン
✓モバイルバッテリーをカバンから出さずに充電・給電できる
✓ケーブルをスッキリと取り回しできるケーブルクリップ
✓スマートトラッカー「Tile」専用ポケット付き
※Tileについての説明はこちら(https://thetileapp.jp/ )
※Tile本体は、付属していません。



























機能性抜群のショルダーバッグ
 

デイリーユースやトラベルシーンなどにおすすめのスリングショルダーバッグです。

メイン収納部内にモバイルバッテリー専用のポケットを設け、本体上部のファスナーよりコードを引き出すことが可能。ショルダーストラップを通してコードをコントローラーに繋げることができます。本体背面には携帯電話などを収納可能なファスナーポケットを設け、コントローラーと繋いで充電をした携帯電話をそのまま収納することも可能です。また、ショルダーストラップが左右どちらの肩にも掛けられるよう、本体底部に2つのDカンを配しています。





 

本体の素材には、ナイロンツイルを採用。表面にはテフロン®加工を施し、高い撥水・防汚効果を備えています。









ポーター リュックサック × パワーリーフは、こちら

 

仕様・お問い合わせ先

JANコード 9760056242472

バッテリー 内蔵電池:リチウムセラミック電池 3.8V 3,550mAh(13.5Wh)

入力電圧/電流:5.0V / Max 2.0A

出力電圧/電流:5.0V / Max 3.0A 

使用温度範囲:0〜50℃ 

インターフェース: USB(type-A )ポート、microUSB(type-B )ポート、USB(type-C )ポート

外形寸法:約160(W)×250(D)×4.7(H)mm

microUSBケーブル:ケーブル長 約1m(コネクタを除く)

※2ポート合計

電池残量表示 :1 LED(3 colors)

外形寸法 約180(W)×50(D)×320(H)mm

重量 約0.7kg

製品構成 本体 ×1

Battery Unit + controller ×1

USBケーブル(type-A to microUSB) ×1

取扱説明書 ×1

製造元

【モバイルバッテリー】:ソフトバンク コマース&サービス株式会社 

【バック】:株式会社吉田 

お問い合わせ先

【モバイルバッテリー】:SoftBank SELECTIONお客さま窓口 

【バッグ】: support@yoshidakaban.com

Facebookコメント

レビュー

レビューを投稿する

マイページの購入履歴からレビューを投稿できます。
(投稿内容によっては予告なく削除させて頂く場合もございます)