電動アシストで坂道も楽々! 「ロボットアシストウォーカーRT.2」「電動キャリーカート RAKUSAKA」を販売開始
最先端のスマート家電(IoT製品)とあなたをつなぐ通販サイト

IoT製品とスマート家電の特集

IoT製品とスマート家電のランキング

IoT製品とスマート家電の最新情報【+Style MAGAZINE】

+Style MAGAZINE
CATEGORY
プレスリリース
TAG
  • 一般IoT製品

電動アシストで坂道も楽々! 「ロボットアシストウォーカーRT.2」「電動キャリーカート RAKUSAKA」を販売開始

BBソフトサービス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 兼 CEO:瀧 進太郎)は、プラススタイル事業(以下、「+Style」)において、株式会社テラが販売する「ロボットアシストウォーカーRT.2」「電動キャリーカートRAKUSAKA」(メーカー:RT.ワークス株式会社)を2022年6月2日から販売開始します。

「RT.2」は、2017年度グッドデザイン賞を受賞した、歩行をアシストするロボットアシストウォーカーです。2つのセンサーを搭載、ハンドルのセンサーは人の動きをセンシングし、本体の6軸モーションセンサーは、人の動きや路面の状況をセンシングし、それらの情報を基にリアルタイムでアシストやブレーキを行います。上り坂ではパワーアシスト、下り坂ではブレーキによる自動減速、傾いた道では傾斜側にアシストが働く片流れ防止、手を離すとグリップのセンサーが働き自動的に停止することができます。さらに、身体機能や使用環境に合わせて、アシストやブレーキ、速度を調整することができます。

ワンタッチ折り畳み式で9kgと軽量設計で持ち運びやすく、カートには5kgの積載が可能です。また、疲れたときには椅子としても利用することができ、高齢者の方や歩行に不安を感じる方も安心してご利用いただけます。

「RAKUSAKA」は買い物やアウトドアなどさまざまな場面で利用できる電動キャリーカートです。センサーによるアシスト機能は荷物の重さ毎に設定が可能です。カートには10kgの積載が可能で、大きなお買い物や荷物運び、レジャーなどでも便利にご利用いただけます。本製品もワンタッチ折り畳み式で9kgと軽量設計で、さまざまな場所に持ち運びが可能です。

通常販売価格(税込み)

ロボットアシストウォーカーRT.2:129,800円

出品者:株式会社テラ

メーカー:RT.ワークス株式会社

https://plusstyle.jp/shopping/item?id=686

 

電動キャリーカート RAKUSAKA:99,000円

出品者:株式会社テラ

メーカー:RT.ワークス株式会社

https://plusstyle.jp/shopping/item?id=685

 

「ロボットアシストウォーカーRT.2」主な仕様

サイズ(縦幅×高さ×横幅)

約74.0×72.5~85.0×55.0cm

重量

約9.0kg

型番

RT2-01RD(レッド) / RT2-01CG(シャンパンゴールド)

電源

リチウムイオンバッテリー(専用充電器付属)

動作時間

連続動作 4時間(※上り / 平坦 / 下りの標準歩行パターンにて歩行時)

充電時間

約 3時間

実用登坂性能

縦断勾配 12%(傾斜 7度) / 横断勾配 5%(傾斜 3度)

積載重量

最大 5kg

使用者体重

最大 100kg

TAISコード

01560-000003

防水機能

防雨型(IPX3規格準拠)

「電動キャリーカートRAKUSAKA」主な仕様

サイズ(縦幅×高さ×横幅)

約74.0×72.5~85.0×55.0cm

重量

約9.0kg

型番

KC-100RD (レッド/Mサイズ)/ KC-200GY(グレー/Lサイズ)

使用環境温度

0℃~40℃

積載重量

最大10kg(カゴ内 最大5kg)

アシスト機能

荷物の重さに応じて3段階で切換可能

実用登降坂性能

縦断勾配12%(傾斜7度)横断勾配5%(傾斜3度) 

速度範囲

最大 約6km/h

連続動作時間

4時間(標準歩行パターン)

充電時間

約3時間

バッテリー

リチウムイオン 14.4V-2.5Ah 

充電器

 AC100V 50/60hz

付属品

バッテリーパック、専用充電器、ACアダプタ、取扱説明書

 

+Styleについて

+Style」は、オリジナルのスマート家電・デバイスを企画し、世界の最新IoT商品を販売する、BBソフトサービス株式会社のオリジナルブランドです。今注目のスマート家電からスマートフォン、ドローン、スマートウォッチまで、少し先の未来を感じる商品がいま、ここにあります。

【本件に関する問い合わせ先】

+Style 広報担当 池谷・松村・池田(BBソフトサービス株式会社 コミュニケーション推進部)