+Style MAGAZINE

スマート家電

【レビュー】スマホで好みの明るさ設定、10畳部屋でも使える+Style「スマートLEDシーリングライト」を使ってみた

【レビュー】スマホで好みの明るさ設定、10畳部屋でも使える+Style「スマートLEDシーリングライト」を使ってみた

プラススタイルが2020年夏、「スマートLEDシーリングライト」の8~10畳モデルを新たに発売しました。2019年夏から販売を開始した6畳モデルだったのに対し、新たに10畳の広さまで対応できる高輝度タイプの製品となりました。この記事では、同製品のセットアップ方法から基本的な設定までを紹介します。

スマートLEDシーリングライトは、アプリ「+Style」と連携することで、昼白色(6500K)で明るさを無段階調整でき、常夜灯も備えるシーリングライトです。主な仕様は、全光束4400lm、LED光源寿命約4万時間、消費電力38W、重さ約1.4kg――といったところで、いたって普通のシーリングライトなんですよ。

取り換えは意外にかんたん

シーリングライトのソケットに製品を取りつけます。まず付属の専用のアダプターを天井のソケットにカチッと装着。その後、照明部分とカバーを順に装着。アダプターをロックしたら、配線を接続します。最後にカバーを装着します。一般的なシーリングライトと同じ流れですが、特に面倒な点もなく、すぐに付け替えられました。

まずは、シーリングライト用のソケットに、スマートLEDシーリングライトのアダプターを装着。一般的なLEDライトの場合と同じく、カギ状の金具を穴にハメてカチッと固定されるまで回します

続いて、LEDライト本体を装着。中央部の穴にアダプターを通すと、カチッと固定されます。もし上手く通らない場合には、アダプターのロックを解除しましょう

アダプターから伸びているケーブルを、LEDライト本体側へ挿入します。途中のケーブルもホルダーに固定しておきましょう

最後に、カバーをセットします。まっすぐ押し込んでから、回転させて縁の出っ張りを留め具に合わせるようにして固定します

アプリ連携では、常夜灯も明るさ調整OK!

リモコンが同梱されていますので、これを使って「調光」と「タイマー」のボタンを3度繰り返して切り替えるように操作すると、スマートLEDシーリングライトがセットアップモードになり、ピーピーピーと音が鳴ります。この状態でスマートフォンのアプリを起動し、接続操作を行なっていきましょう。

リモコンに同梱の乾電池をセットし、シーリングライトの電源を入れます。続いて、リモコンで「調光」>「タイマー」>「調光」>「タイマー」>「調光」>「タイマー」と操作するとセットアップ可能な状態に。

アプリ「+Style」を起動して「マイホーム」タブ画面右上の「+」をタップ(左)。「照明」欄にある「シーリングライト」をタップします(右)(※手順画面は、iOS版アプリの例、以下同)。

「音が聞こえましたら、次へ」をタップ(左)。Wi-FiのSSIDなどを確認して「確認」をタップします(右)。

デバイスが追加されたら、ペンのアイコンをタップ(左)。識別しやすい名前に編集して、「完了」をタップしましょう(右)。

セットアップが完了すると、アプリを経由して、シーリングライトの操作が行えるようになります。アプリ画面での操作では、スライダーの操作で、明るさを滑らかに調整できるほか、常夜灯も30%および100%の2段階で切り替えられます。

明るさ最弱の光量のイメージ

明るさ最大の光量のイメージ

常夜灯100%の光量イメージ

常夜灯30%の光量イメージ

スマート照明、最大のメリットはスピーカー連携

アプリを介したリモコン操作では、毎回アプリを起動してボタンを操作するのは億劫です。そこで、スマートスピーカーやスマートフォンを使ったボイスコマンドでの操作をできるよう設定しておくのがオススメ。Googleアシスタント/Amazon Alexaと連携できるほか、iPhoneの場合には、「シーン」として設定した内容をSiriショートカットとして呼び出せます。

例えば、Amazon Echo Dotがあれば、「アレクサ、”リビングのシーリングライト”をつけて/消して」のように指示することが可能。” ”で囲った部分は、デバイス名として設定した名称で呼びかけることが可能。「リビング照明」「あかり」など、呼びやすいワードを設定してもいいかもしれません。

Amazon Echo Dotと連携するには、「Amazon Alexa」アプリの左上にあるメニューボタンから「スキル・ゲーム」を選択(左)。右上の検索アイコンをタップ(右)します。

+Styleで検索し、「プラススタイル(+Style)」スキルをタップ(左)。「有効にして使用する」をタップ(右)します。

+Styleのアカウント情報を入力(左)。もし忘れた場合は、アプリ「+Style」の「プロフィール」タブから、アイコン部分>「アカウントセキュリティ」をタップで確認しよう。ログインできたら、「許可する」をタップ(右)します。

 

 


Amazon Echo Dotと連携して音声操作が可能

 

自動設定でボタン操作レスの新体験

また、便利なのがアプリ「+Style」の機能「スマートモード」です。「自動設定」をカスタマイズしておくことで、手動での操作を最小限にでき、日の入りと共に自動で照明をONにする設定などが可能です。

日の入りで自動でシーリングライトが点灯する設定例を紹介。「+Style」アプリで、「スマートモード」>「自動設定」>「+」をタップ(左)。「いずれかの条件を満たした場合」欄の「+」をタップ(左)します。

「日の出・日の入り」をタップ(左)。「日の入り」を選択し、「次へ」をタップ(右)します。

「以下の動作を実行する」欄の「+」をタップ(左)。「デバイス」をタップ(右)します。

「リビングのシーリングライト」をタップ(左)。「電源」をタップ(右)します。

電源の項目でオンを選択し、続いて「明るさ」で好みの光量を選択して「保存」>「次へ」をタップ(左)。「シーン名」を編集して、「確認」>「保存」をタップして完了です(右)。

また、「スマートLEDシーリングライト」自体の点灯を起点にして、ほかのスマート家電を動かすこともできます。もちろんシーリングライトを壁のスイッチでオンにした場合も有効です。その際には、「スマートマルチリモコン」や「スマートWi-Fiプラグ」との連携を行うことで、エアコンやテレビなど既存のスマートではない家電と連携するカスタマイズも行えるので覚えておきましょう。例えば、昼間にリビングの電気をオンにすると、エアコンも一緒に動き出すといった設定が行えます。

日中にリビングの電気をつけると、エアコンも設定しておいた温度で起動するカスタマイズ例。この場合は、「スマートマルチリモコン」が別途必要です。

これまで、「スマートLED電球(調光)/E26」や「スマートマルチリモコン」を中心にスマートホーム化してきた人にとって、リビングのシーリングライトもスマート照明にアップデートするのは魅力的な選択肢となるはず。「スマートLEDシーリングライト」の価格は、1万980円、7月29日までは「発売記念キャンペーン」で8980円とさらにお安くなり、競合他社のスマートLED製品と比べてもお求めやすい価格といえるはずです。

ちなみに、同キャンペーンでは+Style家電・デバイスがとってもお得にまとめて買える「スマートホームはじめてセット」も提供。「照明おまかせセット」では「スマートLED電球(調光)/E26」「スマートLEDベッドサイドランプ」「スマートマルチリモコン」「スマートWi-Fiプラグ」を同梱して通常価格から5500円OFFとなる1万9800円、「リビング・寝室セット」は、スマートLEDシーリングライト 8~10畳モデルと6畳モデルの2製品を同梱して3000円OFFの1万5460円と、ご自宅の照明を一気にスマート照明化するのに、かなりお買い得にご購入いただけますよ♪

おうち時間を快適にするためにも、ぜひ「スマートLEDシーリングライト」をはじめとした+Style家電・デバイスを試してみてくださいね。

SHARE

この記事を読んだ方におすすめの記事

注目記事ランキング

1週間の人気記事

CATEGORY

TAG