+Style MAGAZINE

スマートホーム

+Style 創立5周年 特別対談 〜そこが知りたいスマートライフ〜

+Style 創立5周年 特別対談 〜そこが知りたいスマートライフ〜

ゲスト:JOY(ファッションモデル、タレント、コメンテーター)
ホスト:近藤正充(プラススタイル株式会社 取締役社長)

ユーザーみんなの意見で進化する+Style商品

IoT 製品を活用するスマートライフで人々の暮らしを豊かにすることを目指し、2016 年に事業を開始した+Style(プラススタイル)。たくさんのユーザーのみなさんの支持によって、スマートライフは着実に広がってきました。今回はその輪をもっと広げたいという想いから、著名人の方々と+Style の社長である近藤正充との対談が実現。今回のゲストはJOYさんです。子育て奮闘中のJOYさんのお悩みを、スマートライフは解決できるでしょうか?

 

リモコンを使わずに声をかけるだけで家電の操作が可能?

近藤 本日はよろしくお願いします。+Styleのスマート家電でJOYさんの暮らしが少しでも便利になればと思い、お時間をいただきました。どうぞよろしくお願いします。

JOY よろしくお願いします!

近藤 JOYさんは最近、お子さんが生まれて、子育てをされているそうですね。何かお困りごとってないですか?

JOY 自宅で過ごすときは、赤ちゃんを抱っこしている時間が長いんです。僕は身長が高いから、立って抱っこしているときにローテーブルの上に置いたリモコンを取ろうとすると、腰に負担がかかって、かなりキツいです。

近藤 それなら、この「スマートマルチリモコン」はいかがですか? 実際にやってみましょう。「アレクサ、リビングのテレビを点けて」。

JOY え、どういうこと? 僕もやっていいですか? 「アレクサ、リビングのテレビを消して」。うわぁ、消えた。リモコンがいらないってことですか?

近藤 家電には赤外線対応のリモコンで操作できる商品がたくさんあります。この「スマートマルチリモコン」にはリモコンのプリセットデータが入っているんです。インターネットとつながっているので、スマホから操作できるし、連携するスマートスピーカーからも操作できるというわけです。スイッチのオンオフはもちろん、チャンネルの変更や音量の操作も声でできます。大手メーカーの幅広い家電に対応しているのでご安心ください。

JOY それは便利! 赤ちゃんを抱っこしながらでも、声で操作できれば、腰にかかる負担を解消してくれますね。

 

子育てをサポートしてくれるスマート家電で心に余裕を

近藤 カメラもありますよ。「スマートホームカメラ(フレキシブルアーム)」は、カメラに映った動きを検知するので、赤ちゃんがお昼寝から目覚めて寝返りをうつとスマホに知らせてくれるし、カメラには温湿度計が付いているので、赤ちゃんの周りが快適な環境に保たれているかもスマホで確認できます。それと、アームがフレキシブルなので、ベビーベッドの柵に巻き付けて固定もできます。

JOY どこにでも固定できるんですね。今、赤ちゃん用にはカメラを使っていないんです。これいいなぁ。赤ちゃんがお昼寝しているときに、カメラでどういう状態かを確認できれば、別の部屋で他の作業ができますね。本当に便利だ。仕事に出かけているときに赤ちゃんの様子も分かるしなぁ。

近藤 +Styleでは、自社で19商品のスマート家電を開発、販売するとともに、世界中の便利なIoT製品やスマート家電を輸入販売しています。その中にはベビー服に取り付けるだけで赤ちゃんの動きを感知して教えてくれる「ベビーケアアラーム AKOi Heart」や、うんちやおしっこを知らせてくれる「スマートベビーケア MONIT」もあります。“ベビーテック”と言われる分野ですが、いまとても伸びていますね。

JOY すごく便利! 僕も楽しんで子育てしているけど、ストレスを感じる瞬間はあります。妻は子どもと一緒に家にいる時間が長いし、僕よりもずっと大変だと思います。こういった赤ちゃん用スマート家電を使って、少しでも楽になってくれたら、心に余裕ができて、人生豊かになります。小さなストレスって蓄積していっちゃうけど、だいぶ軽減されますね。妻はきっと喜ぶと思います。

 

適切な温度や湿度を維持し、快適な室内ライフを実現

JOY 声で家電をコントロールできるのは、いいなぁ。寝室でオイルヒーターを使っているのですが、夜中に室温が上がりすぎて暑くなって、気づくと汗をかいていています。温度を調節するのに、わざわざ電気を点けて、操作するのが面倒。これがあれば、スマートスピーカーに声をかけるだけで、温度調節とかできるわけですよね。

近藤 オイルヒーターが赤外線リモコン対応であれば、まったく問題ありません。それにこの「スマートマルチリモコン」には温湿度センサーが内蔵されているので、室温を設定してそれ以上になったら自動的に消すことも可能ですよ。

JOY むちゃくちゃ、便利じゃないですか。

近藤 それと、JOYさんは声を使うお仕事も多いから、喉を大切にされているんじゃないですか? 冬場は乾燥するし、ウイルス対策も必要です。加湿器による室内の湿度管理って、どうされていますか?

JOY 喉の大切さは意識しています。でも、加湿器は気分で点けたり、消したりしちゃいますね。

近藤 この「スマート加湿器(卓上)」と「スマートマルチリモコン」を連携すれば、湿度が50%を下回ったら加湿器をオンにして、60%を上回ったらオフにすることもできます。室内の湿度を50%〜60%に保つことが可能というわけです。

JOY 湿度管理って結構、難しくて。ずっと湿度を高くしておくと、結露して家のダメージも心配なので、適度な湿度に調節してくれるのはありがたいですよね。

 

スマート家電のメリットは忘れがちなことを補ってくれること

近藤 家の中にあり、電気が通るモノであれば、スマート家電にすることは可能です。インターネットにつなげて、スマホで操作したり、色んな条件を設定したりして便利に操作したいモノってありますか?

JOY  例えば、ウォーターサーバーですね。タンクの水がなくなるタイミングが意外に難しいんです。なくなってから新しいタンクを発注すると使えない期間ができてしまうし、かといって買いだめすると置き場所が必要ですから。それと、赤ちゃんのミルクを作るのに冷水と温水を混ぜながら使っていますが、僕はすごくいい加減なんです。適した温度にしてくれるとうれしいなぁ。

近藤 タンクの残量を管理して、ある量になるとスマホに通知して、発注もしてくれる。それと水温の調節ですね。それほど、難しくない。作れそうですね。

JOY 絶対売れますよ! セレブがみんな導入します(笑)。あ、それと、観葉植物の水やりのマシンも欲しいな。僕、家で観葉植物を育てていたんですけど、水やりのタイミングが分からなくて、枯らしちゃったことが何度かあったんです。鉢の水分量を検知して、付属のタンクから水やりをして、最適な状態で観葉植物を育てられるといいなぁ。

近藤 自動水やり機付き観葉植物ですね。鉢の水分量を計測する技術はあるので、作ろうと思えば作れます。水やりなど忘れがちなことをITで補完するのもスマート家電の便利さですね。

JOY 鉢のデザインも未来的なかっこいいのでお願いします。自然とテクノロジーの融合です!

近藤 じゃあ、JOYさんの提案で作った商品が実現した際には、きちんと明記しますね。

JOY 歴史に名が残る!もっとたくさん考えてくればよかったなぁ(笑)。

 

アプリ更新で機能を追加しユーザーの意見を商品に反映

近藤 こういったスマート家電って、40代以上の男性が使うイメージがありますが、実際には20代〜30代の女性も増えています。子育てや料理で両手がふさがっているときに、声で操作できるのが便利だからです。それと、若い世代は幼い頃からスマホに慣れているので、スマホで操作できる商品は積極的に使ってみたいということが分かっています。

JOY 若い世代はスマート家電を使うイメージがなかったので意外です。僕自身は、スマホの設定とかも苦手だし、こういった最新機器を敬遠していましたが、今日で気持ちが変わりました。ぜひ、使ってみますね。

近藤 ぜひ、ぜひ! そして、使いづらいところがあれば、率直なご意見をください。どんどん改善していきますから。+Styleのオリジナル商品は、機器本体は基本的な機能のみを搭載し、操作するスマホアプリに機能を追加し、アップデートしていきます。

JOY あぁ、そうか、スマホで操作するから、アプリをアップデートすればいいんだ。

近藤 スマホの位置情報を使って機器を操作する機能をいまベータ版で提供していますが、これはアップデートで追加した機能です。例えば、スマホを持って家から離れると加湿器がオフになり、ロボット掃除機が掃除を始める。家に近づくと、掃除機は充電器のドックに戻り、室内のライトが点灯するといった具合です。

JOY そんな便利な機能が後から追加できるんですね。僕が機能を提案しても検討してくれますか?

近藤 もちろんです。今もユーザーの方々からのご意見を検討して、日々、アプリをアップデートしています。機器は一度、発売してしまうと、なかなかモデルチェンジできませんが、アプリならどんどん更新できますからね。

JOY ユーザーみんなで買った商品を進化させていくということですね。

近藤 そうです。JOYさんからのご意見もお待ちしています。今日はありがとうございました。

JOY もちろん、提案させていただきます! ありがとうございました!

 

JOY(ジョイ)
1985年生まれ。群馬県高崎市出身。ファッションモデル、タレント、コメンテーター。
2003年に雑誌でモデルデビュー。「東京ガールズコレクション」など、ファッションショーに出演する他、バラエティや情報番組を中心にテレビ出演多数。

SHARE

この記事を読んだ方におすすめの記事

注目記事ランキング

1週間の人気記事

CATEGORY

TAG