+Style MAGAZINE

スマートホーム

女性でもかんたん設定♪昔の家電をスマホで操作できる 「スマートWi-Fiプラグ」って何?

女性でもかんたん設定♪昔の家電をスマホで操作できる 「スマートWi-Fiプラグ」って何?

家電を全て声やスマホで操作できるスマートホーム化に憧れるけど、家電はすでに使っているものがあるし、そう簡単に買い替えられない……私の家にも家電リモコンに対応していない、スイッチ式のアナログ家電がちらほら。そんな昔の家電でも、スマホアプリで操作したり、スマートスピーカーに“〇〇して”と言えば操作レスで家電が動く便利生活が叶うと聞き、実際に使ってみました!

 

スマートWi-Fiプラグって何?

それがこの「スマートWi-Fiプラグ」。プラグをコンセントと家電の間に挿すだけで、今ある普通の家電(Wi-Fi機能なし)が買い替えなしでスマート家電として使える製品です。プラグがWi-Fiに接続して、家電がアプリ「+Style」で操作できるようになります。

対象となる家電は、間接照明・加湿器・サーキュレーター・スマホ充電などの、押しボタンや切替でON/OFFするスイッチタイプの電気製品。ストーブやこたつ、電気毛布、ホットカーペットなどの暖房器具の使用は火災の恐れもあるので、ご注意を!

スイッチをON/OFFするタイプの間接照明を寝室で使っているのですが、ベッドとは少し離れた位置に設置してあるため、寝る前に毎回ベッドを出てスイッチを消す、といった作業をしています。これが冬の寒い日や、気絶したような起き上がれない眠い日にはこの作業が特に億劫で、スマホや声で消せたらと思っていました。

実際に「スマートWi-Fiプラグ」をコンセントに挿してみると、コンパクトなサイズなので他のプラグの邪魔をすることなく使用できます。設定する上で一つ注意点としては、プラグの側でON/OFFをコントロールするため、家電側のスイッチは常にオンの状態にしておく必要があります。

 

基本のアプリ操作

早速アプリでスイッチを操作してみました。オンにすると青い背景に“電源オン”、オフの状態だと紺色の背景に“電源オフ”とシンプルなインターフェイスです。


電源オン

 


電源オフ

 

他にもアプリ上でスケジュールやタイマーに合わせて自動ON/OFFを設定することもできます。

 


スケジュール

 


ON/OFFタイマー

例えば、平日は毎日23:00に就寝するから照明を消したい、と言う場合は「スケジュール」で設定することができます。テレビにプラグをつけて、「ON/OFFタイマー」でお子さんが宿題をする時間にはテレビを自動でオフに設定したり等の使い方もできそうですね。

「電気使用量」では、「電流・電力・電圧(V)」確認したり、月ごとの使用電力推移もグラフで確認することができます。


電気使用量

 

Google アシスタント、Amazon Alexa(アレクサ)対応の利便性

プラグでIoT化した家電はスマートスピーカーでの操作も可能です。今回は“おやすみ”という呼びかけで、定型アクションとしてプラグに繋いだ照明もオフになるよう設定しました。

 

より便利な拡張機能

また、+Styleオリジナル製品や「スマートマルチリモコン」と一緒に使うことで利便性がアップ!すべて「+Style」アプリ上で操作できる上、温度や湿度、デバイスの機能、電力などを動作条件(トリガー)とし、動作内容を設定することもできます。

 

 

「スマートLEDシーリングライト」とプラグに接続した間接照明をワンタップでオンにしたり、「エアコンの電力が○W以上になったら、プラグに接続したサーキュレーターを自動でオフにする」など、家じゅうの家電がリモコンの有無を問わずスマート化できます。

既存のアナログ家電をスマート家電として使用できるこの製品、他にもまだまだ活用方がありそうです。お値段は税込2,680円。1つじゃ足りない、という方にはお得な2個セットが3,980円、4個セットで7,860円。

この機会にアナログなスイッチから解放されてはいかがでしょうか。

SHARE

注目記事ランキング

1週間の人気記事

CATEGORY

TAG