+Style MAGAZINE

スマート家電

すぐできる自宅のスマートホーム化、照明器具で効果抜群!

すぐできる自宅のスマートホーム化、照明器具で効果抜群!

1日の生活で自宅の部屋は重要な空間です。しかし、家具を置いて寝食をするだけのスペースになっていないでしょうか? 部屋をスマートホーム化することで生活の質の向上や楽しみ方が増やせます。そのもっとも手軽で安く簡単にできる方法が、照明器具のスマート化です。

将来期待される家電のスマート化とスマートな生活

外出先でも冷蔵庫の中身が分かれば、買い忘れや買いすぎによる食品廃棄を極力少なくできるかもしれません。そんな生活を目指すのがスマートホームです。そして、それを支援するのが家電などのスマートです。

スマートな生活とは?

スマートな生活とはどんなものか、例を示してみたいと思います。

  • 自動化:帰宅と同時に照明がつく、帰宅の少し前にエアコンのスイッチが入る。
  • 省力化:誰もいない部屋の電気やエアコンがオフになる。
  • 安全化:外出中の部屋の見張りなど。
  • 支援化:人間の行動や思考を支援するスマートスピーカーなど。
  • 情報化:自宅と職場や外出先などで、自由に情報が共有でき、自宅での仕事や職場での自宅の管理などができる。

これはほんの一例ですが、将来はさらに進み、ますます便利にそして安全になり、私たちの生活が豊かになることが予想できるのです。

スマートな生活の目指すもの

生活の無駄をなくせば家計や時間の節約につながります。家のセキュリティなどがスマート化で高まることで、安心感が得られます。空調や照明が最適に管理されれば、健康にプラス効果が得られます。パソコンの画面を操作しなくても情報が得られるようになれば、明日の生活やビジネスに余裕が生まれます。それがスマートな生活の目指すものなのです。

すぐにでもできる家電スマート化の対象、実は照明器具

一番簡単な方法が、照明器具のスマート化です。どのような効果があるかなど、その例を見てみましょう。

照明の重要性を改めて認識

照明は、なんと言っても「目の健康」のためにしっかりと光量をコントロールしたいところ。また、薄暗い部屋では何かを探すときにも時間がかかることがあったり、逆に明るすぎると就寝前にも交感神経が静まりづらかったりするなどの弊害もあります。意外と生活の質への影響も大きいのが照明なのです。

部屋でくつろぎたいときや、じっくりと映画鑑賞をしたいときなどは、落ち着くトーンの照明がほしいところです。人が集まったときなども、その目的で明るさや色調がコントロールできると、演出効果が期待できます。寝る前は気持ちを落ち着けるために、柔らかく目に優しい光にするなどもあります。照明は、部屋に住む人の心の動きも左右すると言えるのです。

今の部屋の照明は入居したときのままや、新築のときに設置したままになっていませんか? たまに意識するときは、蛍光灯や電球が切れたときや、年末の大掃除のときぐらいではないでしょうか。

そして、日常の生活では部屋の照明をつけたままにして部屋を出たり、消し忘れたまま朝まで眠ったりしてしまうなどの無駄もあるでしょう。もちろん、それは月々の電気代の支払いに響いてきます。考えてみると、就寝時や起床時のスイッチのオンオフも、実に面倒な作業ですが、「そんなものだ」と諦めていませんか。

簡単にできる、照明のスマート化の方法

今、もっとも家電の中でスマート化が進みつつあるのが、実は照明器具なのです。スマートフォンとアプリケーションでコントロールできるスマートプラグに照明器具をつなげば、オンオフが手元のスマートフォンでできます。しかしこの方法だと、スタンドのような形態の照明に限られてしまうことになります。

そこで、現在の主流となっているスマート照明は、Hubという中継器を介してシーリングライトなどを操作するタイプと、それすらも使わず、ソケットに入った電球や蛍光灯を直接コントロールするタイプです。部屋の天井にあるシーリングライトなどを、Wi-Fi環境とスマートフォンだけで、遠隔からのオンオフのみならず、さまざまな自動設定などによる光の効果的な利用や演出を可能にします。

これら以外にも、寝室用のスタンドやワークデスク用のライトもスマート化されたものがあります。

家の証明のスマート化効果と応用

それでは実際にスマートな照明器具を使うことで、どのようなライフスタイルの変化がおきるか、見てみましょう。

スマート照明ができる機能

スマート照明は、その光の量や色を好きなように調整できること、そのコントロールをスマートフォンとアプリケーションから行えることが最大の特徴です。

  • LED光源で光の強さを変更する調光や、白色や昼光色に変えるなどの調色ができる。
  • スマートフォンからの操作でのオンオフのほか、タイマー設定や、特定の時間帯、曜日などで設定、戸外からの操作などが可能。
  • スマートスピーカーとの連携で声による操作。
  • センサーと連動させれば、人の出入りだけでオンオフ。
  • 利用の記録などをスマートフォンに残し、節電のための情報源などに活用できる。

従来の照明器具とは、かなりかけ離れた機能があることが理解できると思います。

アイデアしだいで広がるスマート照明効果

機能が豊富なことはご理解をいただけたと思います。では、その用途や効果としては、どのようなものがあるのでしょうか。

  • テレビ鑑賞、読書、パソコンやスマートフォン操作、食事などに適した光の色と強さの調整。
  • 自宅でのパーティータイムやくつろぎタイムでの光による演出。
  • 光の色などで重要な約束を知らせるなどの備忘録機能。
  • 寝入り、寝起きの点灯や消灯の操作の利便性向上。
  • 目覚ましと合わせての点灯による起床。
  • 部屋の出入りでオンオフ、子供部屋の消し忘れの防止などでの省エネ効果。
  • 外出先からの点灯や消灯による安心、防犯効果。
  • これらのスマートフォンでの記録からの節電プランなどの策定。

これらは一例で、使い道はアイデア次第です。いろいろ試してみることで、疲れ方が違うなど自分なりの発見をするのも楽しいはずです。

まずは照明のスマート化から

蛍光灯をLEDに変えるついでに、スマート電球、スマートシーリングライトなどの導入が検討できます。寝室のベッドサイドのランプからスマートライトを活用してみるなどの方法もあります。お部屋の照明器具について、一度、スマート化されたときのことを想像してみてはいかがでしょう。

参考:

SHARE

この記事を読んだ方におすすめの記事

注目記事ランキング

1週間の人気記事

CATEGORY

TAG