+Style MAGAZINE

スマート家電

【2020年最新版】これは便利♪ 全自動ミル付きコーヒーメーカー おすすめ5選

【2020年最新版】これは便利♪ 全自動ミル付きコーヒーメーカー おすすめ5選

芳醇な香りとコクのある味わい。カフェのようなコーヒーを自宅でも楽しめるなら、“挽きたて”にこだわってみてはいかがでしょうか。

市販されている缶コーヒーやコンビニコーヒーでもよく、“挽きたて”というキャッチコピーが使われているように、おいしいコーヒーを淹れる上で大切なのは鮮度です。ご存知の方も多いかと思いますが、コーヒー豆を挽くと酸化が進んでしまい、時間が経つにつれ風味が失われていきます。

とはいえ、コーヒーミルで豆を挽く作業はなかなか手間がかかるもの。いくらおいしい一杯を味わえるとはいえ、忙しい朝は時間に余裕のない方がほとんどでしょう。そこでご紹介したいのが、ミル付きの全自動コーヒーメーカーです。豆を挽いてからコーヒーを淹れるところまで、すべて自動で行ってくれるので、簡単においしい一杯に仕上がります。さまざまな味を楽しめるカプセルタイプのコーヒーメーカーも手軽ではありますが、本格的なコーヒーを追究したい方にぜひオススメです。

では、ここからミル付きの全自動コーヒーメーカーを選ぶ際に着目したいポイントほか、それらを踏まえたオススメ製品をピックアップしていきしょう。コーヒー好きの方、ぜひチェックしてみてくださいね。

製品選びのポイント

ミル付きの全自動コーヒーメーカーと一口に言っても、製品によってスペックや機能が異なります。どこに着目して選べば良いのでしょうか。5つのポイントをご紹介します。

■挽き分けや蒸らし機能の有無

やはり一番大切なのは、コーヒーを自分好みの味に淹れられるかどうかです。同じ豆でも挽き方や蒸らす時間の差で味が左右されますよね。より自分好みの味に近づけたければ、コーヒーの淹れ方を細かくカスタマイズできる製品を選ぶといいでしょう。コーヒーメーカーによっては、豆の挽き方を指定できたり、蒸し時間や抽出温度を調整できたりする製品もあります。

もっとこだわりたい方には、ミルの刃に着目されることもオススメします。多くのコーヒーメーカーは、プロペラ状の刃を回転させて豆を粉砕する「プロペラ式」ですが、摩擦熱を抑えて風味を損なわない「臼式」や「コーン式」などもあります。まず自分が好きなコーヒーをハッキリさせたうえで、その味を生み出すためにはどのような製品が最適なのか考えてみましょう。

■フィルターのタイプ

フィルタータイプによっても、コーヒーの味が違ってきます。ミル付きの全自動コーヒーメーカーには、紙のフィルターをセットするタイプと、何度も使える金属やナイロン製のメッシュフィルタータイプがあります。

ペーパーフィルターの場合は、コーヒー豆の油分を紙が吸着するため、スッキリとした味わいに仕上がります。一方で、メッシュフィルターの場合は、コーヒー豆の成分を通しやすく豆が持つ風味を存分に楽しめます。

また、ペーパーフィルターは後片付けがラク、消耗品であるためランニングコストがかかる、メッシュフィルターは繰り返し使えてエコ、手入れをしっかりしないと汚れが蓄積してしまうといった、それぞれのメリット、デメリットも把握しておきましょう。

■容量と保温機能

 

一度で抽出できるコーヒーの量や給水タンクの容量も異なります。利用する人数や飲む量を把握しておき、性能をチェックしてみましょう。コーヒーカップは1杯120~130mlを目安にしてください。

コーヒーを注ぐサーバー(ポット)の保温性も忘れずにチェックを。当然ですが、ガラス製だと熱を逃がしやすく、ステンレス製だと冷めにくくなります。1度にたくさんコーヒーを淹れて少しずつ飲みたいといった場合は、ステンレス製のサーバーをオススメします。ただし、サーバーはガラス製であってもコーヒーメーカー本体にヒーター機能が備わっている製品もあります。

■お手入れや片付けのしやすさ

 

お手入れのしやすさも大切なポイントです。フィルターや給水タンクが取り外しできるタイプだと、お手入れの手間がかかりません。毎日使うものですから、衛生的にも安心です。

■独自機能の有無

 

ミル付きの全自動コーヒーメーカーの中には、製品独自の機能を搭載したモデルもあります。例えば、毎朝決まった時間にコーヒーを自動で淹れるタイマー機能や、水道水のカルキを除去できる浄水機能、マグカップに直接コーヒーを淹れられる機能などです。いくつか製品を見比べてみて、独自の特色をチェックしてみてくださいね。

オススメ製品は?

 

オススメのコーヒーメーカーをいくつかご紹介します。製品選びのポイント5つを踏まえて、それぞれの機能をチェックしてみましょう。なお、掲載している価格は、記事を執筆した2020年3月下旬時点のAmazonでの販売価格です。変動している可能性があるのでご注意ください。

沸騰浄水コーヒーメーカー NC-A57/パナソニック

価格:17,622円(税込)

粗挽き/中細挽きの挽き分け、リッチ/マイルドの淹れ分けの組み合わせで4種類の味を楽しめる製品です。カフェインレスを取り除いた“デカフェ豆”をコクのある味わいに仕上げる機能や、コーヒー抽出から30分後に自動で保温温度を低くして煮詰まりを軽減する機能、カルキを90%カットする浄水機能などを搭載しています。容量は670ml。給水タンクは着脱式です。ペーパーフィルターが必要となります。

全自動コーヒーメーカー CM-D457B/ツインバード

価格:31,980円(税込)

日本の自家焙煎コーヒーの第一人者・田口護氏監修によるコーヒーメーカーです。豆の風味を損なわない低速臼式フラットミルを採用。挽き具合は3段階、抽出温度を2段階から調整可能です。6ヶ所から内側に向けて斜めにお湯を注ぐシャワードリップで、ハンドドリップを再現しています。容量は450ml。給水タンクは着脱できません。ペーパーフィルターが必要となります。

全自動コーヒーメーカー カフェばこ SC-A351/シロカ

価格:15,800円(税込)

ミル内蔵ながらもコンパクトタイプで置き場所に困らない製品。コーヒー豆の挽き方は中細挽きのみ。油分と水分をなじませる蒸らし機能搭載で、コーヒーが雑味のない味に仕上がります。大きな特長はタイマー機能を搭載していることでしょう。ステンレスフィルターを採用し、30分の保温機能付き。給水タンクは着脱式です。

珈琲通 EC-RS40/象印マホービン

価格:24,806円(税込)

2段階の挽き分け、濃度調整の組み合わせで、4種類の味わいを楽しめるコーヒーメーカー。フィルターはステンレスメッシュフィルターと紙フィルター、お好きなものを選んでご利用いただけます。付属のサーバーは、ヒーターを使わずに保温できるまほうびん構造。お手持ちのステンレスマグやコーヒーカップなどに、直接コーヒーを抽出できる機能もあります。

+Style スマート全自動コーヒーメーカー

価格:13,800円(税込)

飲みたい時間に合わせて全自動。豆から挽きたてコーヒーが入れられる。声で操作可能、更にスマホで操作可能。杯数にあわせた中挽き6段階。ステンレスフィルターで豆の油分も抽出するからコクが深い味わい。

25日までの限定セール実施中!

気になるコーヒーメーカーはありましたか? ぜひ、優雅な朝を全自動コーヒーメーカーとともにお過ごしください♪

SHARE

この記事を読んだ方におすすめの記事

注目記事ランキング

1週間の人気記事

CATEGORY

TAG