+Style MAGAZINE

スマートホーム

【チュートリアル】+Style家電・デバイスが接続できない時に確認してほしい13項目

【チュートリアル】+Style家電・デバイスが接続できない時に確認してほしい13項目

+Style ORIGINALが上手くいかない時確認する事

+Style ORIGINAL(プラススタイル オリジナル)デバイス追加(Wi-Fi接続)する際に、なぜかうまくいかないとなった時の確認事項をまとめました。

 

確認①Wi-Fiが問題なく届くかを確認します

デバイス、スマートフォン、およびWi-Fiルーターが互いに近くにあることを確認してください。 ネットワークが安定していることを確認してください。

スマートフォンをWi-Fiに接続し、 デバイスの隣に置きWebページを開き、問題なく接続可能かご確認ください。

 

確認②Wi-Fiパスワードの確認をします

スマホのWi-Fi設定画面で、Wi-Fiのパスワードが正しく入力されているかどうか確認してください。 パスワードの前後にスペースがないか注意してください。

 

確認③2.4G周波数帯を利用してください

Wi-Fiは2.4G周波数帯を使用してデバイスを追加してください。
Wi‐Fiルーター本体に記載されている例

 一般的にはWi-Fi名に、2GやGが付いているものが2.4Gになります。

「バンドステアリング機能」「バンドセレクト機能」などがある場合はOFF(無効)にする、もしくは2.4GHzを優先とします。

 

確認④Wi-FiルーターのSSIDを表示してください

Wi-FiルーターのSSIDは表示されている必要があります。
非表示の場合は+Style製品をWi-Fiに接続することはできません。 Wi-Fiルーターの設定を変更してください。
各社のHPに記載がございますのでご確認ください。
例:バッファロー :Wi-Fiルーターが「ANY接続を許可しない」設定になっていると、SSIDが検索されなくなります。※

 

確認⑤Wi-Fiルーターの暗号化方式や認証方式をご確認ください

Wi-Fiルーターのワイヤレス設定に暗号化方式がWPA2-PSKで、認証方式がAESであること、 もしくは両方が自動に設定されているかを確認して下さい。 Wi-Fiルーターの設定を変更してください。各社のHPに記載がございますのでご確認ください。※

例:バッファロー設定画面

スマートマルチリモコンをお使いで、上記にて失敗する場合:
「無線の暗号化」の「AES」を「TKIP」に変更することにより成功する場合があります。 ただし「TKIP」は「AES」よりはセキュリティ強度が脆弱とされています。詳細は+Styleお客様窓口までご相談ください。

確認⑥Wi-Fiルーターのデバイス数を確認ください

Wi-Fiルーターに接続されているデバイスの数が上限に達している可能性があります。 一つのデバイスのWi-Fi機能を無効にし、チャンネルを空けてください。

②Wi-Fiルーターと、接続したい+Style製品のそれぞれをOFFにしてください。 (コンセントを抜くor電池を抜く、ソケットから外す等)再起動後2~3分待ちます。

③+Styleアプリを強制終了してください。 iPhoneの場合、下からスワイプし、アプリを強制終了します。

④再度+Styleアプリを立ち上げ、デバイス追加の手順を 最初からやり直してください。

 

確認⑦MACアドレスフィルタリングをOFFにしてください

Wi-FiルーターがMACアドレスフィルタリングを有効にしている場合は、 デバイスをMACフィルタリングリストから除外し、 Wi-Fiルーターがデバイスをブロックしていないことを確認してください。
Wi-Fiルーターの設定を変更してください。 設定方法は各社のWi-FiルーターメーカーのHPをご確認ください。※
例:バッファロー設定画面

確認⑧Wi-FiルーターがDHCPサービスを有効にしてください

有効になっていない場合は、アドレスが使用されていることがあります。 Wi-Fiルーターの設定を変更してください。 設定方法は各社のWi-FiルーターメーカーのHPをご確認ください。※

 

確認⑨Wi-Fi名の確認

Wi‐Fi名に半角英数字と記号(”ー”ハイフン、”_”:アンダーバー)以外を使用ししていないことを確認します。 (例:abcd1234)

Wi-Fi名が漢字や日本語、記号の場合は、接続できない可能性があります。

 

確認⑩Wi-Fi名のパスワードの確認

Wi-Fiのパスワードが58文字以下であることを確認してください。 長すぎると接続ができません。

 

確認⑪プライバシーセパレーターは無効にする

プライバシーセパレーター(同一ネットワーク内において個別の機器同士の通信を制限する機能) が 無効であること。 Wi-Fiルーターの設定を変更してください。 設定方法は各社のWi-FiルーターメーカーのHPをご確認ください。※

 

確認⑫VPNやプロキシサーバーを使用しない

Wi-Fiルーターの設定を変更してください。 設定方法は各社のWi-FiルーターメーカーのHPをご確認ください。※

確認⑬Wi-Fiルーターのネットワーク分離機能を有効にしない

Wi-Fiルーターの設定を変更してください。 設定方法は各社のWi-FiルーターメーカーのHPをご確認ください。※

 

参考:
Wi-Fiルーターメーカーサポート バッファロー(https://www.buffalo.jp/support/
NEC(https://www.aterm.jp/support/
エレコム(http://qa.elecom.co.jp/faq_detail.html?id=5118
IOデータ機器(https://www.iodata.jp/support/
TP-Link(https://www.tp-link.com/jp/support/

各社のHPで設定方法はご確認ください。

SHARE

この記事を読んだ方におすすめの記事

注目記事ランキング

1週間の人気記事

CATEGORY

TAG