+Style MAGAZINE

スマートホーム

【設定・操作マニュアル】スマートWi-Fiプラグ スタートアップガイド (セットアップ編)

【設定・操作マニュアル】スマートWi-Fiプラグ スタートアップガイド  (セットアップ編)

スマートWi-Fiプラグ スタートアップガイド

ご自宅にある家電のONOFFやタイマー設定はもちろん、"エコ”の確認まで出来ちゃう「スマートWi-Fiプラグ」。 こちらの記事では、開封からセッティング、実際に操作するまでの手順を説明します。

 ▼スマートWi-Fiプラグの特徴

1.スマホで声で主電源をON/OFF
  今ある家電が、簡単にスマート家電化
2.節電の目安に電気使用量がわかる
3.電力や電源がトリガーになる多彩な動作条件で自動化設定
4.広がる、自分好みのスマート化

 

▼目次

Step1.開封~設置
Step2.アプリのインストール・
          アカウントの登録
Step3.グループ設定(お部屋の情報の登録)
Step4.デバイスを追加する
Step5.おススメの使い方
応用 

 

Step1.開封~設置

1.開封する(画像は2パックの製品)

<付属品>

・製品本体
・取扱説明書兼保証書開けていきます。

本体表面のフィルムをはがしてお使いください。

2.スマートWi-Fiプラグを設置する

本体をコンセントに差し込みます。

この製品は安全のため左右の大きさが異なる極性付きプラグとなります。

Step2.アプリのインストール・アカウントの登録

1 .専用アプリ「+Style」をインストール

スマートフォンのWi-Fi設定をオンにし、App StoreまたはGoogle Playより「+Style」アプリをインストールします。
iOSはApp Store、AndroidはGoogle Playで「プラススタイル」と検索しダウンロードしてください。  

2.「+Style」アプリを開き、アカウントを登録

「新しいアカウントを作成」をタップします。
プライバシーポリシーをお読みいただき、同意してください。
また位置情報の利用許可を行ってください。

※位置情報は、アプリトップ画面で表示する天気や気温の情報を表示するために取得しています。「天気や気温に連動したON/OFF」に必要なため、出来る限りONにしてください。

3.メールアドレスまたは、電話番号で認証

 ▼メールアドレスの場合 
 メールアドレスを入力し、認証番号を取得します。
 メールに認証コードが送られてきます。
 認証コードをアプリに入力してください。

※取得後、30分以内に認証コードを入力してください。
※メールが届きますので、メールの受信許可設定をしてください。
迷惑メールフォルダに入る可能性もあるので、ご確認ください。

 ▼電話番号の場合 
国番号が「+81 Japan」になっているか確認します。
電話番号を入力し、認証番号を取得します。
SMSに認証コードが送られてきますので、コピーしアプリに入力してください。

※取得後、30分以内に認証コードを入力してください。

4.パスワード設定

パスワードは6~20文字以内とし、アルファベットと数字を含めてください。
入力したパスワードが間違いではないか再度確認し、完了をタップします。

以上でアカウント登録は完了です。

 

Step3.グループ設定(お部屋の情報の登録)

グループを作成

 1.「グループを作成」をタップします。
 2.グループ名や場所(ロケーション)の設定をします。
     「場所の設定」はタップすると現在お使いのWi-Fiの位置情報が入力されます。
 3.部屋の選択や追加を行い完了を押すと設定完了です。

※事前にご自宅のWi-Fiにお使いのスマートフォンを接続しておくとスムーズです。
※後で設定を変更することができます。



設定が完了すると、使用する家の部屋情報や周辺の天気などが表示されるようになります。
これでグループ設定(お部屋の情報の登録)は完了です。
 

Step4.デバイスを追加する

1.スマートフォンがWi-Fiに接続されているか確認

スマートマルチリモコンを接続したいWi-Fiにスマートフォンを接続してください。※2.4GHz帯のWi-Fiのみ接続可能です。

2.4GHzのWi-Fiは多くの場合、SSIDの末尾や途中に「2g」「g」「bg」「11bg」「11g」等などの文字列が記載されています。SSIDの末尾に表記がない場合もありますが、お使いのWi-Fiルーターに貼られているラベルに、「2.4GHz」「5GHz」のそれぞれのSSIDが表記されています。あらかじめご確認ください。

 

2.デバイス(スマートWi-Fiプラグ)を追加

スマートマルチリモコンのLEDが青色で点滅している事を確認します。

スマートWi-Fiプラグの電源ボタンを約6秒間長押しし、ボタンが早い点滅になっている事を確認してください。

3.接続したいWi-Fi名を確認し、お使いのWi-Fiのパスワードを入力

 ※パスワードはお使いのWi-Fiルーターのラベルに記載されております。

4.デバイス追加完了

 名前や設置場所を設定し、デバイス追加は完了です。

スマートWi-Fiプラグをコンセントに差し込み、さらに利用したい家電のコンセントを差し込みましょう。

アプリ内で電気使用量や本日の電力量、電流、電力、電圧、累計電力量が確認できます。(下2枚目の画面)

また、月の推移も見る事ができ、月をタップすると日毎の電力量が確認できます。(下3枚目の画面)

Step5.おすすめの使い方

●【タイマー】タイマー機能のない照明

デスクライトやベッドサイドランプ、クリスマスイルミネーション・ツリーなど、本体にタイマー機能がない商品におススメです。
照明は、時間に合わせて自動消灯したり、日の入り時間に自動で点灯可能です。

●【省エネ】消し忘れがちな家電

超音波加湿器や扇風機(サーキュレーター)を、思わずつけっぱなしにして寝てしまう……なんてことが時にありますよね。
つけっぱなしで外出してしまっても、外出先からスマホで簡単にOFFできます。また、携帯の充電などでコンセントに差しっぱなしで待機電力が気になってしまい、いちいちコンセントごと抜いているあなたには、電源を抜かなくてもスマホからOFFできます。

●【不安の解消】動作の確認

テレビやゲーム機など、「あれ・・つけっぱなしかも」となった時、不安を解消する事がでます。もし万が一つけっぱなしだった時、こちらも外出先から消すことができます。
応用方法では、お子さんの「ゲームのやりすぎ」「テレビの見過ぎ」を、タイマー設定やリモートOFFで防げたりするんです。※スマートWi-Fiプラグで操作可能な製品は、アナログスイッチの家電がメインです。

※スマートWi-Fiプラグで操作可能な製品は、アナログスイッチの家電がメインです。

※赤外線リモコンのものや、タッチパネル式のものは、OFFからONにできないのでご注意ください。(ONからOFFすることはできますが、OFFからONにすることはできません。)

つけっぱなしを防止できる【OFFタイマー】を設定することは可能です。(スマートモードでOFF設定)

 

スマートWi-Fiプラグを使った応用例

+Style機器同士であれば、様々なシーンに応じて連動できます。

▼スマートWi-Fiプラグ×スマートマルチリモコン

 

▼スマートWi-Fiプラグ×スマートLEDシーリングライト×スマートLED電球

スマートWi-Fiプラグのスタートアップガイドは以上になります。
スマートスピーカーやアプリも使いこなして、快適なスマートライフをお楽しみくださいね!

 

■プラグ試して、予約キャンペーン実施中!

今だけの限定価格で販売中です。スマートホームはじめてセットはMAX5,000円引きなので合わせてチェックしてください♪

▼+Styleの機器連携して、日々の生活をもっと便利に!
「スマートモード」の使い方はこちら

▼スマートスピーカーを使って、音声でコントロール!
「Amazon Alexa」連携の仕方はこちら

「Google アシスタント」連携の仕方はこちら

SHARE

この記事を読んだ方におすすめの記事

注目記事ランキング

1週間の人気記事

CATEGORY

TAG