「うっ・・くさい・・」気になるトイレのにおい問題 対処法をご紹介! - 最新IoT製品などのレポートをチェック!
最先端のIoT製品とあなたをつなぐ通販サイト

商品カテゴリーから探す

特集から探す

  • お出かけ特集 車載関連グッズ
  • 夏休み STEM教育特集
  • ペットと暮らす おすすめIoT商品
  • +Style ORIGINAL

目的から探す

利用シーンから探す

+Style NOTE+Styleにまつわるエトセトラ

2019-08-21
  • ブログ

「うっ・・くさい・・」気になるトイレのにおい問題 対処法をご紹介!

「うっ・・くさい・・」気になるトイレのにおい問題 対処法をご紹介!

なんとかしたい
特有の嫌なにおい

家族が使用した直後、においが気になり息を止めて入った・・・なんて経験をした人も多いはず。また突然の来客でお手洗いを借りたいと言われたとき「くさい」と思われたら・・なんてちょっと不安に感じたことはありませんか?
一般的なトイレのにおい対処法としてはこまめに掃除をするが一番です。隅々までふき、においの元をなくすことで、においの原因を消し去る事が解決策としては一番です。
ただ、忙しい毎日の中でトイレ掃除をこまめにやるのは、なかなか難しいですよね。

掃除以外にもにおいを軽減するために、トイレ用消臭剤を置くことも対処法としてあります。ただ、トイレ用消臭剤の独特のにおいがトイレの狭い空間に充満してしまい、芳香剤の匂いが苦手なんて方も・・・

+Styleの製品を使い自分の好きなアロマの香りをお手洗いに、必要な時に自動で満たす方法をご紹介します。

 

使用前後の5分だけON

今回はスマートセンサー(ドア・窓用)とアロマミストポットを使います。

トイレに入るとき扉を開いたらアロマミストポットがつき、自動でトイレをお好みのにおいにすることができます。
使用後も、気になるにおいを軽減させるために、アロマミストポットを再度ON。一定時間が経過したのちに、自動OFFになります。出しっぱなしや消し忘れがなく、無駄なく必要な時だけ、お好みのにおいを噴射することが出来ます。

 

使用前後に自動ON
自動OFF

①扉を開いた事を検知し、アロマミストポットが自動でつきトイレにいい香りを広げます!
②トイレを使用後にも残り香を減らす為に、またアロマミストポットを自動でつけにおいを軽減させます。
 トイレを出る際に扉を開けた時、アロマポットが再度ONになります。
 一定時間(5分)が過ぎると再び自動OFFになります。

 

設置方法

STEP1:トイレの扉にセンサーをつけ、アロマポットをコンセントに挿します。


STEP2:アロマミストポットにお好みのアロマと水を入れます。

 

+Styleアプリで出来る
スマートモード設定

アロマミストポットとスマートセンサー(ドア・窓用)をデバイス追加、スマートモード設定をするだけ!
デバイス追加(Wi-Fi接続)の詳しい方法はこちら

▼スマートモードとは?

日の出や日の入り時間に合わせて機器を動かしたり、天候に合わせて自動で機器を止めることができます。
+Styleの機器が特定の動きをしたとき、+Styleの製品を連携させることができます。
いちいちスイッチを押してまわらなくても、スマートな生活を体感できるようになります。
スマートモード詳しい設定方法はこちら。下記では実際の設定画面をご紹介いたします。

▼スマートモード設定画面

扉が開いたとき、自動でアロマミストポットポットをONする。5分後自動OFF。

◆いずれの条件を満たした場合
【スマートセンサー(ドア・窓)が開いた時】

◆以下の動作を実行する
【アロマミストポット:電源ON】
【タイマー:5分】
【アロマミストポット:電源OFF】

以上の設定で一連の流れを1つのスマートモード設定で自動化する事が出来ます。
タイマーの5分で設定していますが、オフの時間はご自身の生活に合わせて自由に変更可能です。

 

繋がる家電
もっと自由に、便利に

忙しい人の家事負担を軽減できるから、IoT(スマートホーム)化がおすすめです。家事の手間を省く、時短家電をぜひお試しください!これからも+Styleでつながる家電をぞくぞく発売予定です。

 

ご購入はこちらから

アロマミストポット 4,500円(税込)
スマートセンサー(ドア・窓用) 2,980円(税込)

 

+Styleとは・・

+Style ORIGINAL(プラススタイル オリジナル)は、
家電製品をWi-Fiに接続することで、いままでの生活よりもっと楽になる商品を発売しています。ご家庭にインターネット回線さえあれば、自宅でも外出先でも、対応のスマート家電や機器をアプリで操作できます。

これからも連携方法や活用例をご紹介していきますので、お楽しみに♪