+Style MAGAZINE

カー・バイク

サイクリストの安全を守る! デザイン&機能性に優れた、自転車用テールライト「rayo」をレビュー

サイクリストの安全を守る! デザイン&機能性に優れた、自転車用テールライト「rayo」をレビュー

通勤や通学などで、日頃から自転車に乗っている方。安全対策は万全ですか? 夜にサイクリングをする場合は、後方を照らすテールライトを取り付けると、より安全に。後ろを走る自動車に存在をアピールし、衝突事故などのリスクを軽減できます。
 
そこでオススメしたいのが、スマートテールライト「rayo(ラヨ)」です。日中にも目立つほどの明るさを誇る上に、光量や明滅のパターンをスマホアプリ経由で変更可能。さらには、スピードダウンを検知して“ブレーキランプ”が点灯する機能も備えています。

今回は、実際に「rayo」を自転車に取り付けて、性能をチェックしてみました。サイクリングをより安全に楽しみたい方、ぜひ記事をご覧くださいね。

▼スタイリッシュなデザイン

「rayo」には、それぞれ用途が異なる3つのLED(近距離用/側面用/長距離用)を搭載。後方を照らすだけでなく、側面を明るくし、バランスの良い可視性を実現しています。明るさは最大90ルーメンで、日中もハッキリと視認できるほど。もちろん、IP67相当の防水/防塵仕様です。

自転車にこだわるサイクリストにとっては、アクセサリーのデザインも非常に重要なポイントでしょう。丸みを帯びた「rayo」のフォルムはとてもスタイリッシュ。ライト部分がスケルトンになっていて、中の基盤などが透けて見える点もクールです。サイズはH72×W35×D40mmとコンパクトで、自転車に装着しても見た目を損なうことはありません。+Styleでは、カーボンブラック、フェザーホワイトの2色を展開しており、自転車にあわせてカラーを選べます。

取り付けはとても簡単。ゴム製ストラップをサドル下のシートポストにまわして、本体のフックにひっかけてはめるだけです。直径32mmまでのシートポストに対応しています。エアロタイプのシートポストをお使いの方向けに、装着時に使う専用アダプタも別売りで用意されています。

▼アプリから簡単に操作できる

  

使用する際は、専用アプリ「My Rayo」(iOS/Android対応)をインストールし、スマホとBluetooth(R)接続しましょう。ペアリングが完了すれば、アプリを操作してライトのオン/オフ、明るさの調整、明滅パターンを変更できます。それらの操作をアプリから実際に行ったところを撮影してみました。タイムラグはなく、操作が本体にすぐ反映される様子がお分かりいただけるでしょうか。

動画では、設定済みの明滅パターン4種を切り替えているだけですが、3つのLEDがそれぞれどのように点灯するのか、アプリを通じて細かくカスタマイズすることもできます。なお、本体ボタンより、ライトのオン/オフを直接切り替えることも可能。使用するたびに、アプリを起動する必要はないのでご安心ください。

▼ブレーキランプ&盗難防止アラーム

“ブレーキランプ”として機能する点も「rayo」の大きな魅力です。搭載された加速度センサーなどにより減速を感知。自転車を手で押して歩いていた際、そのスピードを少し緩めた程度でもセンサーは反応し、より強く点灯することを確認できました。後方にしっかりと注意を促せるでしょう。

また、盗難防止アラームも実際にチェックしてみました。「rayo」が少しでも揺れを感じるとスマホに通知が届きます。ただ、こちらの機能は「My Rayo」アプリを起動しているとき、「rayo」本体がスマホとBluetooth通信範囲にあるときと、通知が届く条件が限られています。とはいえ、サイクリング中にトイレやコンビニに立ち寄るといった、ほんの一瞬だけ自転車から目を離すような場面で、十分重宝しそうです。

「rayo」は電池式ではなく充電式。本体裏のカバーを外すと、付属のUSBケーブルを接続して充電できます。バッテリーは1,000mAh。3時間の充電で、最大20時間動作します。アプリからバッテリー残量を確認できるため、「気づかないうちにバッテリー切れ……」ということはなさそうです。

デザイン&機能性に優れた「rayo」の価格は7,680円(税込)。ご紹介したほかにも、複数人でサイクリングを楽しむときに便利な「グループLEDシンクロ」機能なども搭載。グループのメンバーと、点滅パターンをシンクロさせられます。詳しいスペックなどは、ぜひ下記リンクよりご確認くださいね。

>>「rayo」の購入はコチラから
https://plusstyle.jp/shopping/item?id=361
 

SHARE

注目記事ランキング

1週間の人気記事

CATEGORY

TAG