+Style MAGAZINE

ガジェット

紛失タグで忘れ物、探し物が見つかる。選び方と注意したい点とは

紛失タグで忘れ物、探し物が見つかる。選び方と注意したい点とは

落しものや失くしたものが見つかる

「IoT」という言葉をご存じでしょうか。IoTとは、「Internet of Things」の略です。インターネットがモノに繋がることであらゆる事が可能になることを「IoT」(アイオーティー)といいます。

IoTの商品の中に「紛失タグ」があります。タグとは簡単に言えば「荷札」の事です。紛失タグは、画期的な電子の「迷子札」と思えばわかりやすいでしょう。紛失タグがあれば、落しものやなくしたものが見つけやすくなります。財布や鍵に紛失タグをつける事で、万が一、落とした場合、見つかる確率は非常に高くなります。

紛失タグとは

物の紛失を防止し、万が一落としてしまったとしても見つかる確率が格段に上がる便利な物が「紛失タグ」です。その役割を説明しましょう。

スマートフォン活用で落としものを見つける

紛失タグとスマートフォンがあれば落としものが見つかります。紛失タグは、BluetoothやGPS機能などで接続され、物を落としたときにスマートフォンと紛失タグの距離が一定以上離れた場合に通知してくれる仕組みになっています。つまり、スマートフォンが落とし物を見つけるということです。

Bluetooth(ブルートゥース)とは「近距離でデジタル機器のデータ通信をやり取りする無線通信技術」です。スマートフォンの電池残量の横に出てくるリボンのようなマークがBluetoothです。

持ち物を失くすのを防止できる

持ち物を探す時にも紛失タグは活躍します。持ち物が部屋の中のどこにあるのかわからない時、紛失タグがついていれば、スマートフォンから操作で紛失タグのブザーを鳴らし、持ち物を失くすのを防止できます。ただし、スマートフォンとBluetoothは接続していなければいけません。接続していないと探せませんので注意しましょう。

逆に紛失タグからスマートフォンのブザー音を鳴らすことも可能なので、スマートフォンを紛失した場合はこの機能を使いましょう。紛失する前に、紛失タグの操作方法をチェックしておきましょう。

紛失タグを購入すると得られるメリット

メリット
  • 落とし物をしたら、スマートフォンが通知してくれる
  • 部屋の中で失くしたものを探せる
  • 落した場所が特定できる

落とし物をしたら、スマートフォンが通知してくれる

鍵や財布、貴重品に紛失タグをつけておけば、スマートフォンと紛失タグの距離が一定以上離れた場合、ブザー音を鳴らしたり、メッセージで受け取ることも可能です。GPSによる位置情報を取得し、通知することも可能です。

部屋の中で失くしたものを探せる

「部屋の中にあるはずなのに、探してもわからない」といった事はよくあります。紛失タグのアイテムファインダー機能が解決します。紛失タグとスマートフォンをBluetoothで接続し、探してた物が見つからないときにスマートフォンを操作すると紛失タグがブザーで通知します。これがアイテムファインダー機能です。

落とした場所が特定できる

スマートフォンのGPS機能に対応している紛失タグなら、持ち物を失くした時間と場所と調べることができます。「どこで落としたかわからない」「場所はだいたいわかるが、確認しに行く時間がない」という時に便利な機能です。紛失タグで落とした場所がほぼ特定できます。

紛失タグの有効範囲内であれば、子供の迷子防止、ペットの脱走、また、認知症の高齢者の脱走などの居場所を追跡するのに使うこともできるので、大切な家族にとって安心なアイテムです。圏外になっても、大丈夫です。それは次で説明します。

紛失タグの選び方

選び方
1.有効範囲で選ぶ
2.電池交換の有無と使用時間で選ぶ
3.使用しているスマートフォンに対応しているのかで選ぶ
4.形状で選ぶ
5.防水機能で選ぶ

有効範囲で選ぶ

紛失タグはスマートフォンとBluetoothで接続しているので、有効範囲が限られています。多くの有効範囲は20~60mほどで、自宅や職場の中、近隣で使うには十分活用できる範囲でしょう。

有効範囲からはずれたとしても、スマートフォンと最後に接続した地点の記録を調べる事ができるものもあるので、探す手がかりはつかめるでしょう。ただし、圏外になると可能性は低くなります。離れた場所でも使いたい場合は有効範囲が広く使えるものを選びましょう。

電池交換の有無と使用時間で選ぶ

紛失タグは電池が内蔵されています。電池交換が不可能なものもあるので注意しましょう。電池交換ができるものは、市販のボタン電池を購入し交換すれば使用できます。電池交換不可能なものは、製品を新しく購入することになります。

電池交換不可能な製品の電池寿命は4カ月から1年で、電池交換のタイミングは半年から1年です。長期間使用するのであれば、自分で電池交換できるタイプがおすすめです。

使用しているスマートフォンに対応しているのかで選ぶ

紛失タグは、スマートフォンとの連携アプリが用意されており、アプリを使って探すことができます。自分が使用しているスマートフォンが連携アプリに対応しているか確認する必要があります。あわせて、BluetoothやGPS機能などの対応デバイスも確認しましょう。

形状で選ぶ

紛失タグは、2種類の形状があります。キーホルダータイプとプレートタイプがあります。プレートタイプは厚さ約3~5mmのものが多く、かさばらないので財布などにおすすめです。カラーやデザイン性に重視したものや形も様々です。

防水機能の有無で選ぶ

紛失タグには、防水加工が搭載されたものもあります。防水加工されていれば雨に濡れても、飲み物をこぼしても安心です。子供やペットに使用する場合、水洗いの可能性を考慮して、防水加工されたものを選びましょう。

生活防水であれば「IPX4」、完全防水を求めるのであれば「IPX5」以上の表記があるのものがおすすめです。

おすすめの紛失タグ

おすすめの紛失タグを紹介します。

項目 tracMo (トラクモ ) Tile Mate(タイルメイト) TrackR pixel(トラッカールピクセル)
商品画像
寸法 35mm×35mm×9mm 34.0×34.0×4.65 26.2mm (500円玉とほぼ同じ直径)5.6mm
質量 約8g (電池含む) 6.1g 約5g (電池含む)
価格(税込) 3,942円 2,786円 2,980円
特記事項 電池交換可能 電池交換不可 電池交換可能
評価 ★★★★☆ ★★★★☆ ★★★☆☆
商品詳細 https://plusstyle.jp/shopping/item?id=300 https://plusstyle.jp/shopping/item?id=276 https://plusstyle.jp/shopping/item?id=232

racMo (トラクモ )

項目 tracMo (トラクモ )
商品画像
寸法 35mm×35mm×9mm
質量 約8g (電池含む)
価格(税込) 3,942円
特記事項 電池交換可能
評価 ★★★★☆
商品詳細 https://plusstyle.jp/shopping/item?id=300


小さな動きにも反応し置き引きなどから持ち物を守り、使用する環境によってセンサーの感度を調整できます。よく揺れる電車の中で感度を下げて誤作動を避けます。アラート音やメール、SNSで通知する機能もあります。アプリでは離れた場合を地図で表示します。ボタン電池1個で稼働し電池は交換可能です。

おすすめポイント

・紛失に気付くまでの距離を短くできます
・電池交換可能、かつ防水性能の実現
・Amazon Alexaにも対応

カラーは2色展開で、マットブラックとアッパーコパー。シンプルなので、バッグなどにつける場合は、邪魔をしないデザインになっています。

口コミ

良い口コミ
・移動が多いので、忘れもの・落とし物防止のために財布と車のカギにつけて使用してます。
・範囲外に出てしまっても、他のユーザーが近くを通りかかれば位置情報を受け取れるので安心です。
・家の中でどこに置いたか忘れてしまうスマホや財布、物を探す時間はだいぶ減らせます。スマホをマナーモードにしていても音を鳴らすことができるので、出勤前の急いでる時に結構役立ちます。
・電池交換が簡単にできるのと電池残量が確認できるのは便利。スマートフォンに登録した利用開始日が確認できるのも良い。
悪い口コミ
・トラッカーの音が小さいのが難点、tileやchipoloに比べて小さく、バッグの奥に入ってるとなかなか聞こえない。
・女性受けするようなデザインも出してほしい。

急いでいる時など、物を近距離ですぐに探せるのは便利です。電池交換ができるのはポイントが高いです。使い捨てデバイスではないところがいいです。といった口コミが多くなっています。

注意点

・厚みがあるので、財布には入らない。鍵ケースの場合も中に納まらない。
・トラッカーの音が小さいので気がつかないこともある。

厚みがあるので、薄さにこだわる人には不向きのようです。

Tile Mate(タイルメイト)

項目 Tile Mate(タイルメイト)
商品画像
寸法 34.0×34.0×4.65
質量 6.1g
価格(税込) 2,786円
特記事項 電池交換不可
評価 ★★★★☆
商品詳細 https://plusstyle.jp/shopping/item?id=276

Tile Mateは、国内外を問わず人気のスマートタグで、探し物を音で知らせます。Amazon EchoやGoogle Home、Siriとの連携に対応して、日本語音声での呼びかけにも反応します。家の中で探し物見つけたい場合に便利です。

おすすめポイント

・シンプルなデザインで清潔なホワイトカラー
・厚さ5mm以下でキーホルダーにも、財布にも入る
・通信距離が45m

シンプルなデザインのホワイトカラーは、合わせるアイテムの邪魔をしないです。厚さ5mm以下という薄さと6.1gという軽さは、かさばりにくいです。有効範囲も最大45mあるので、生活圏内で使うのには十分です。

口コミ

良い口コミ
・我が家では外に出る猫の首輪につけています。行動範囲にもよりますが、大体近くにいるので見つけやすくなりました。
・よく出勤時に部屋の中で、鍵が見つからずに困ってしまうので、スマホで押せば、音が鳴っているので助かります。音量が大きく、服の下等にあっても見つかります。
・購入してから一度財布をなくしましたが、追跡して見つける事ができ、財布から離れただけで通知が出るので予防対策しても使えます。
悪い口コミ
・7ヶ月使用した段階で電池切れです。アプリ等では電池切れの表示は全くありません。電池の警告がないのでいつ切れるかわからないのが難点
・スマホを鳴らす機能については、常時Bluetoothをつないでいないといけないのでめんどうで、スマホの電池の減りが早い
・電池が半年持たなかった 電池交換ができないので使い捨てになる

外に出る家猫につけている人が案外、多く、近くにいるとわかれば安心します。落とし物を探すのには、効果を発揮しますが、電池については評価が低くなっています。

注意点

・電池消耗が早い
・アプリを繋げておかないといけないため、スマートフォンの電池消耗も早い
・電池交換ができないタイプ

Bluetoothにつなげておく必要があるので、スマートフォンの電池消耗が普段よりも早くなる点が悪い口コミに取り上げられています。

TrackR pixel(トラッカールピクセル)

項目 TrackR pixel(トラッカールピクセル)
商品画像
寸法 26.2mm (500円玉とほぼ同じ直径)厚み:5.6mm
質量 約5g (電池含む)
価格(税込) 2,980円
特記事項 電池交換可能
評価 ★★★☆☆
商品詳細 https://plusstyle.jp/shopping/item?id=232

TrackR pixelは小さく軽量なので、様々な大切なアイテムに取り付けられます。暗い場所でも見つけやすくLEDライトが明るく光ります。映画館などでも、バッグの中の探し物がすぐに見つかります。大きさは500円玉くらいです。

一定距離(最長約30m)離れると、アラートを鳴らして置き忘れ警告をしてくれます。アプリを操作し、TrackR Pixelを鳴らし、すぐに場所の特定が可能です。また、クラウドロケートにより、紛失物の追跡が可能です。

おすすめのポイント

・コインサイズのコンパクトなデバイス
・POPなカラーバリエーション展開
・家族で共有できる

500円玉と同等サイズで、かさばらず財布にも問題なく入ります。カラー展開が豊富で女性向きです。1つのTrackR Pixelを複数人で共有できるので、一つしかないガレージの鍵など家族で共有しているアイテムがある場合に便利です。

口コミ

良い口コミ
・猫が脱走するのでつけていますが、居場所がわかるので便利です。
・鍵に付けました。15mぐらい離れると大きめの電子音が鳴るので、鍵をなくさずに済みそうです。
・置き忘れたとき通知がきたり、必要なものが近くにあるかスマホで確認できたり、スマホが見つからないとき鳴らして確認できとても便利。
悪い口コミ
・アプリの使い方がわかりにくい。特にバックグラウンド更新をオンにする必要があることを知らないと、分離アラートは使い物にならない
・アプリでTrackR側のbluetooth出力を調整する等して、電池の消費を抑えられたら最高なのに
・電池の交換のためのフタが外れなくて困りました。電池交換の仕方は説明がないので不親切です

家猫につけている方が多いです。迷子になったらマイクロチップより早く探し出せそうです。電池は交換可能でも、最初から電位切れが多いようです。暗い場所でものを探すのは便利です。

注意点

・最初から電池切れしていることが多い。
・スマートフォンの電池消耗が早い
・電池交換の際、ふたが外れにくいので困る

電池トラブルが多いようです。電池交換ができる点はよいのですが、購入したてで電池切れで出荷している製品もあるようです。新品の電池を用意しておいたほうがよさそうです。また、電池交換の際も、ふたが硬くてはずれにくく、電池交換の説明書もないのでわからない場合はお客様サポートセンターに電話をすれば対応は良いそうです。

紛失タグを使用する際の注意点とは

鍵の紛失をよくする人には、紛失タグは魔法のようなツールです。紛失タグは登場して数年ですので、使用する上でまだまだ注意が必要です。どのメーカーでも、問題なのは電池と思われます。

もしもの時に備えて電池の予備を

電池交換ができる紛失タグはボタン電池です。高価なものではありません。スーパーなどで簡単に手に入ります。いづれは電池交換するので、もしもの時に備えて、予備を購入しておけば慌てないで済むでしょう。

お客様サポートを活用しよう

お客様サポートセンターに質問してみると、意外に早く解決するかもしれません。お客様サポートセンターは、紛失タグを売るための人が教育されているので、たいていの事は解決できます。商品自体が出荷時の不良品で出ている場合は、原因がわかれば、返品・交換が可能な場合もあります。

紛失タグでストレスを軽減しよう

この記事の冒頭でも触れましたように、紛失タグはスマートフォンを見つけてくれる画期的なアイテムです。急いでいる時に限って、鍵がない、どこに置いたかわからないとイライラしてストレスになります。そんなストレスを解消するためにも便利な紛失タグを使いこなしましょう。

まとめ
  • 機能を理解して、自分に合う紛失タグを見つけましょう
  • 探し物だけでなく、いろいろな機能を上手に使いこなしましょう。
  • 子供や老人、ペットの安全を守るためにも紛失タグを活用しましょう。

 

SHARE

注目記事ランキング

1週間の人気記事

CATEGORY

TAG