IoT家電の照明は便利|おすすめ商品やメリットを徹底解説 - 最新IoT製品などのレポートをチェック! | +Style NOTE

+Style NOTE+Styleにまつわるエトセトラ

2019-03-30
  • ブログ

IoT家電の照明は便利|おすすめ商品やメリットを徹底解説

IoT家電の照明は便利|おすすめ商品やメリットを徹底解説

IoTの照明に関するよくある希望とは

悩み
・手軽にオンオフできる機能が欲しい
・照明の色が美しいアイテムを希望
・多機能であればなお嬉しい

自宅で眠る前にベッドで本を読んだり、夜に帰宅して照明を付けるまでの暗がりで足をぶつけてしまったり、「遠隔で照明のオンオフができたらいいな」と思う場面は誰にでもあります。ですが、照明のオンオフができる場所へ自ら足を運ぶことが当たり前、という従来の概念を覆すのが照明のIoT商品です。

遠隔で照明のオンオフが実現することによって、今まで抱えていた小さな要望が叶うとともに、ペットを飼っている人は暗くなったら外出先からも照明を付けてあげることもできます。そんなIoT化された照明を紹介します。

IoTは”モノのインターネット化”

IoTとは、さまざまなモノをインターネットと接続できる技術のことです。かつては、限られた機器以外、ネットとつながることはありませんでした。ネット接続できる代表的なモノは、パソコンですが、昨今では、オーディオやカメラ、さらには照明含め家電などもインターネットにつながることが多いです。

自動車であれば、スマホを利用して音楽を楽しむ、昨今話題の自動運転システムもIoT化の一つと言えるでしょう。他にも、交通機関、物流、医療など、さまざまな領域でIoT化が進められ、業務の効率化を目指しています。

温度、湿度、気圧などが遠隔で管理できるため、農業にも欠かせない技術となっています。この遠隔での管理や操作は、IoTのメリットです。IoTは、子ども、ペット、自宅の玄関なども遠い場所から見守れる仕組みです。

今後もIoTは、経済に大きな影響を与え、より生活を便利にすると考えられています。しかしながら、インターネットに接続しているからこそ、不正アクセスなどの問題も表面化しています。これからの生活に切っても切れないIoTについて理解を深め、そして正しく利用することは、多くの人に求められることでしょう。

IoTを結集させたスマートホーム

スマートホームという言葉を見聞きしたことはないでしょうか。スマートホームとは、自宅内にある電化製品をネットでつなぎ、スマホでコントロールしたり、GPSも用いて、より快適に暮らせる住まいのことです。

具体的には、スマホで照明をつける、ロボット掃除機、家電の音声操作、スマートスピーカーなどがスマートホームの特徴です。このスマートホームは市場規模を拡大する見込みがあり、日本の企業もスマートホーム事業を手掛け始めています。

IoT家電の照明をいち早く取り入れることもおすすめですが、音声で家電をコントロールできるスマートスピーカーも快適な生活に欠かせません。また、スマホと連動しているエアコンもおすすめです。夏場であれば帰宅時に涼しい部屋に、寒い時期は暖かい部屋に遠隔操作できます。

照明のIoT化で実現できること

照明のIoT化で実現できることは、スイッチのオンオフをスマホで操作できることだけではなく、明るさも調整できることです。また、アラーム機能がついている種類もあり、非常に便利です。こうしたIoT家電の照明が優れた商品であることを解説していきます。

1.照明のオンオフをスマホなどで対応可能

照明器具のスイッチを付けたり、あるいは消したりする際、かつては照明器具に近寄ったり、遠い場所にあるスイッチまで足を運ばなければオンオフできませんでしたが、照明のIoT化によってスマホで切り替えが可能になりました。

その他の家電製品でも、電源のオンオフをスマホで対応できるでしょう。外出してから切り忘れに気づいた時も、スマホで簡単にオフにすることが可能です。

商品によっては、自宅の半径100m以内に入ったら点灯、家を出ると消灯するといった設定も不可能ではありません。すべての照明を一気に消したり、一部の照明だけを点灯するような機能もあります。

2.スマホで明るさも簡単にコントロールできる

照明器具のオンオフだけではなく、明るさを調整できる場合もあります。照明本体で明暗をコントロールできるだけではなく、スマホであれば、さらに細かく明るさを調整できる器具もあります。

また、スマホやタブレットだけではなく、専用スイッチが同梱されている照明器具もあり、それで操作することも可能です。さまざまなシーンに合わせた光量の設定になっているアイテムもあり、日々の生活を豊かにできるでしょう。

明るさをコントロールできれば、目に負担をかけませんし、電力消費などにも影響があります。いずれにせよ、IoT化によって快適な生活を手に入れられること間違いありません

3.アラーム機能もついている商品あり

照明器具の近くで物音がした際、スマホに知らせてくれる機能も、IoT化ならではです。子どもがいる家庭やペットを飼っている人の場合、アラーム機能は非常に便利です。

タイマー機能があり、時間帯によってオンオフできる機能を備えた照明器具もあります。IoT家電の照明を選ぶ際は、機能性に注目して商品を選ぶようにしましょう。

おすすめのIoT家電の照明

項目 BRTLX スマートLEDストライプライト iO.e スマートルームランプ スマホ連動多機能LEDランプ SPACESHIP LAMP(スペースシップランプ)
商品画像
寸法 約2.8(D)×10.0(H)mm 約200.0(W)×200.0(D)×210.0(H)mm 155×85×55mm
質量 約290g 約200g 170g
価格(税込) 3,000円 2,480円 6,588円
商品詳細 https://plusstyle.jp/shopping/item?id=304 https://plusstyle.jp/shopping/item?id=303 https://plusstyle.jp/shopping/item?id=346

おすすめのIoT家電の照明は、「BRTLX スマートLEDストライプライト」「iO.e スマートルームランプ」「スマホ連動多機能LEDランプ SPACESHIP LAMP(スペースシップランプ)」です。それぞれ異なった特徴がありますので、詳細を解説します。

BRTLX スマートLEDストライプライト

     

項目 BRTLX スマートLEDストライプライト
商品画像
寸法 約2.8(D)×10.0(H)mm
質量 約290g
価格(税込) 3,000円
商品詳細 https://plusstyle.jp/shopping/item?id=304

Shenzhen Bright Lighting Technology Co.,Ltd.による「BRTLX スマートLEDストライプライト」は、LEDテープライトであり、インテリアにこだわっている人におすすめの照明器具です。

Android4.4以上、iOS8.0以上のスマホに対応し、約2,000mmという長さで使いやすいでしょう。WiFiも接続方式に含まれています。こうしたスマートLEDストライプライトの特徴の詳細を見ていきましょう。

おすすめポイント

・SmartLifeアプリで調整できる
・1,677万色の発色で美しい自然
・スマートスピーカーでも操作可能

「BRTLX スマートLEDストライプライト」は、専用のSmartLifeアプリで調整できる照明器具です。またGoogle HomeやAmazon Echoといったスマートスピーカーで、オンオフ、色、明るさもコントロール可能です。さらに1,677万色のカラーがあり、家の中を華やかにできることも嬉しいポイントです。

本体でも6色に変更できますが、アプリを使用すれば、より手軽です。テープタイプだからこそ、インテリアの隙間に設置でき、インスタ映えするような空間のデザインも夢ではありません。3,000円という価格設定も財布に優しいです。

iO.e スマートルームランプ

     

項目 iO.e スマートルームランプ
商品画像
寸法 約200.0(W)×200.0(D)×210.0(H)mm
質量 約200g
価格(税込) 2,480円
商品詳細 https://plusstyle.jp/shopping/item?id=303

Hangzhou Hemos Lighting Co.,Ltd.による「iO.e スマートルームランプ」も、アプリで操作できる照明器具です。球体デザインが魅力であり、「防水IP20」「寿命20000H」というスペックです。また、Android4.4以上、iOS8.0以上のスマホに対応、Wifi接続可能であることも特徴としてあげられるでしょう。

おすすめポイント

・スマートスピーカーに対応
・SmartLifeアプリで操作できる
・ガラス素材で高級感あり

「iO.e スマートルームランプ」はガラス製の球体であり、インテリアとして非常に存在感があります。シンプルだからこそ、どのような部屋にも馴染みやすく、1,677万色の発色により、華やかな空間を演出できます。

さらに、スマートスピーカーによる音声でコントロール可能であり、SmartLifeアプリでも調整できます。2,480円という価格も大きな魅力です。

スマホ連動多機能LEDランプ SPACESHIP LAMP(スペースシップランプ)

     

項目 スマホ連動多機能LEDランプ SPACESHIP LAMP(スペースシップランプ)
商品画像
寸法 155×85×55mm
質量 170g
価格(税込) 6,588円
商品詳細 https://plusstyle.jp/shopping/item?id=346

「スマホ連動多機能LEDランプ SPACESHIP LAMP(スペースシップランプ)」は、子どものいる家庭に最適な照明器具です。手軽にオンオフを切り変えるだけではなく、目に優しい明るさであり、物音にも反応します。さまざまな魅力を持った照明ですので、細かく特徴を見ていきましょう。

おすすめポイント

・充電が長持ちする
・100段階の明るさを調整可能
・Bluetoothでスマホと接続

「スマホ連動多機能LEDランプ SPACESHIP LAMP(スペースシップランプ)」は、2時間ほど充電すれば、約10日使用できるため、エコな照明器具と言えるでしょう。USB充電も可能であり、低電力LEDチップだからこそ、熱くなりません。

さらに、スマホを利用すれば明るさを100段階調整できます。本体でも4段階は調節可能です。明るさをコントロールすれば、目に優しく、負担をかけません。また、Bluetooth対応でスマホに接続し、近くで物音がした場合、アラーム機能で知らせてくれます。

タイマー機能で自動点灯も可能であり、防犯対策にも役立つでしょう。就寝前は、スリープタイマーがおすすめです。さらに、スマホを振れば、ライトをオンオフできる機能も備えられています。手が塞がっている状態の時に非常に便利です。

スマホ連動多機能LEDランプ SPACESHIP LAMP(スペースシップランプ)の使い方

「スマホ連動多機能LEDランプ SPACESHIP LAMP(スペースシップランプ)」を使用する前は、必ず充電しましょう。充電しているときは赤いランプが点灯し、完了した時は、LEDが消えます。Bluetoothと接続した場合、青いランプがつき、音を感知した際は、点滅します。

充電は約300回可能であり、シリコンケースもセットで取扱説明書や保証書がついていきます。使用方法を間違えないように説明書には必ず目を通しておきましょう。専用アプリのダウンロードは無料で行えます。便利なアイテムだからこそ、贈り物にも最適な照明器具です。

照明のIoT化に関するよくある疑問

「便利さが分からない」「使用方法は難しいのか」「価格は高いのか」といった照明のIoT化に関する疑問があります。IoTは普及しながらも、未だに一般化されているとは言えない状況ですので、こうした疑問も出てくるでしょう。これらについて回答していきます。

便利さが分からない

照明のIoT化は非常に便利です。例えば、体を壊して寝床から動きたくない時、照明器具のスイッチの場所まで行くことは大変です。IoT化されている照明器具であれば、スマホやタブレットですぐにオンオフできるため、無駄な移動をする必要がありません。

色や明るさを調整する際も、IoT化されている照明器具ならば、専用アプリでかなり細かく設定できます。Bluetoothとのペアリングも手軽にできる照明もあり、スマホの操作に慣れていない人も、快適に利用できるでしょう。

使用方法は難しいのか

「IoTだからインターネットに詳しくないと上手に使えない」という疑問を持つ人もいるかもしれませんが、決してそんなことはありません。もちろん、照明器具にもよりますが、基本的なスマホ操作や家電の使い方がわかれば、それほど難しさを覚えることはないでしょう。

IoTは、スマホがコントローラーになり、照明器具を操作できる仕組みです。テレビ、ゲーム、エアコンなどのコントローラー感覚で使用できるはずです。商品によって使い方は異なりますので、説明書をしっかりと読み、適切に扱えるようになりましょう。

価格は高いのか

IoT化されている家電は、そうではない家電よりも、価格は高いのでしょうか。例えば、スマート電球と呼ばれるものは、2,000~3,000円の価格が一般的です。通常の電球よりは、価格が高くなるでしょう。他の商品も同様に、安値とは言えない状況かもしれません。

しかしながら、その分、最先端のテクノロジーを搭載し、非常に使い勝手が良いです。まだ新しい製品ばかりだからこそ、価格相場はどうしても高値になってしまうとも言えるでしょう。

鍵、リモコン、スピーカー、カメラなど、IoT化されている商品はたくさんあります。財布と相談しながら、自分の生活をより便利にするアイテムを探してみませんか。

スマートLEDについて知りたい

スマートLED(スマート電球)も、IoTの照明の一つと言えるでしょう。この商品は、スマホで電球を操作でき、中には音楽と連携するほどハイスペックな商品もあります。選ぶ際は、時間で色をコントロールできるタイマー連動機能を備えたタイプがおすすめです。この機能があれば、目覚まし時計の代用品にもなります。

スピーカー内蔵型というタイプもあり、なんと電球の中にスピーカーが入っています。充電の手間が掛からないというメリットがありますが、サイズには限界があるようです。LEDの明るさもチェックしましょう。通常の電球のようなワットで表示されておらず、ルーメンという単位が採用されています。

IoT家電の照明を活用してより快適な生活を

まとめ
・IoT家電の照明はスマホでコントロール可能
・オンオフだけではなく明るさも調整できる
・商品によってはさまざまな機能がついている

おすすめのIoT家電の照明は、1,677万色もの発色できるライトやスマートスピーカーでも操作できるタイプガラス素材で高級感のある種類100段階の明るさを調整できるIoT家電の照明などです。それぞれに特徴がありますので、自分に生活に合った照明器具を選びましょう。

IoT家電の照明含め、家全体の家電製品などをインターネットにつなげる「スマートホーム」にも注目しておきましょう。スマートホームは、エアコンの遠隔操作、スマートスピーカー、ロボット掃除機などをも取り入れ、より快適で便利な生活を目指すものです。そんなIoTをいち早く生活に取り入れるために、まずは照明器具から試してみませんか。

プロダクトを探す

見たことのない”ミライ”の商品が揃っています。

プロジェクトを掲載する

”ミライ”の商品が集まる場所に参加しませんか?