+Style MAGAZINE

カー・バイク

おすすめのタイヤ空気圧センサー|スマホ連携商品なども紹介

おすすめのタイヤ空気圧センサー|スマホ連携商品なども紹介

取り付けると便利なタイヤ空気圧センサー

車の事故や急な故障を避けるためには、タイヤの空気圧を計測することが可能な機械「タイヤ空気圧センサー」の設置をおすすめします。そこにはタイヤの空気圧が表示がされ、数値が下がってきたらドライバーに知らせる機能などがあり、パンクしていたらすぐに知らせてくれるので、走行中に停車することが可能です。

そのため、安全なドライブを実現できます。そんなタイヤ空気圧センサーについてさまざまな角度から解説していきます。

タイヤ空気圧センサーとは

まずは、タイヤ空気圧センサーとはどういったものなのか紹介していきます。仕組みや広まった背景についても取り上げていきましょう。併せて、空気圧センサーのついたタイヤの交換方法やバルブの寿命についても解説します。

直接式と間接式の仕組みあり

タイヤ空気圧センサーは、文字通り、センサーによってタイヤの空気圧を測定する機器です。直接式と間接式の2種類あり、直接式のタイヤ空気圧センサーは、タイヤバルブと一体化しており、送信機から直に空気圧の知らせがあります。

一方、間接式のタイヤ空気圧センサーは、車速センサーをつけて温度や空気圧を測定します。警告灯がついたら、すぐにタイヤの状態をチェックするようにしましょう。

事故防止のために広まった

タイヤ空気圧センサーが広まった背景には、交通事故があります。高速道路を走っている自動車のタイヤにトラブルが発生し、横転するほどの大事故がアメリカで起こりました。

そして法律が制定され、新車に装備することが義務付けられています。アメリカだけではなく、他の国々でも義務化し、安全走行には欠かせない機器と言えるでしょう。

空気圧センサーのついたタイヤの交換方法

空気圧センサーがついているタイヤを交換する機会はあります。では、他のタイヤと同様のやり方で交換しても問題ないのでしょうか。結論から先に述べると、タイヤ交換方法に対して違いはないものの、交換後は自動車にセンサーを変更したと伝えなければなりません。

これは、センサーリセットとも呼ばれています。センサーリセットは、空気圧の点検・コントロールしている時も、必要な作業です。やり方は、自動車の種類によって異なり、画面で設定する場合や、ボタン一つで手軽にセンサーリセットできる時もあります。詳しい設定方法は、説明書を読んで確認しましょう。

バルブはどれぐらいもつのか

直接式のタイヤ空気圧センサーの場合、タイヤの中にセンサーが入っており、バルブには寿命があります。これも、直接式と間接式の違いです。バルブ内部には電池が入っており、空気圧がわかる仕組みですが、電池はいつか切れてしまうものです。電池切れになった場合、タイヤ空気圧センサーを適切に利用できません。

電池交換は、電池のみを交換するわけではありませんので、ディーラーなどのプロに依頼します。電池自体は、おおよそ8年ほどもちますが、タイヤが先に消耗してしまうため、一緒に交換するようにしましょう。タイヤの寿命は、3年から5年程度ですので、2回に1回はタイヤ空気圧センサーを交換してください。

空気圧を確認するタイミング

タイヤ空気圧センサーがあれば、いつでも空気圧を確認することが可能です。空気圧計を使って自分でチェックする場合、あるいはガソリンスタンドやディーラーなどにお願いする場合、月に1回程度がベストなタイミングです。長い距離自動車に乗る前、高速道路を利用する前も、空気圧を確認するタイミングです。

指定空気圧もチェック

タイヤの空気圧の確認は、走行した後では適切に点検できません。なぜなら、タイヤが熱を持ち、膨らんだ状態だからです。タイヤの指定空気圧は、自動車に装備されているタイヤにとって、適切な空気圧値です。

空気圧を確認できる空気圧計は、ホームセンターなどで販売されています。バルブのキャップを外して、どれぐらいの値なのか確認します。空気を入れる際は、空気入れが必要です。指定空気圧よりも少し入っているぐらいがベターです。また、空気圧が高すぎる場合は、空気を抜きましょう。

セルフのガソリンスタンドでも確認できる

セルフのガソリンスタンドで空気圧を確認する際は、場所によって空気圧計の種類が異なります。持ち運びエアタンクタイプと据え置きプリセットタイプという2種類です。

基本的な空気圧の測り方や空気の入れ方は、空気圧計を使って自分でチェックする方法と違いありません。不明点は、ガソリンスタンドのスタッフに問い合わせましょう。

タイヤ空気圧センサーを購入すると得られるメリット

メリット
・管理する手間が省ける
・燃費が悪くならない
・パンクにすぐに気づける

タイヤ空気圧センサーを購入すれば、どのような空気圧になっているのかすぐにわかります。なぜなら、表示機に数値が映し出されるからです。とんなタイヤの空気圧センサーを購入するメリットをお伝えします。

空気圧低下のデメリットはさまざまある

空気圧が減っているタイヤのデメリットは複数あります。燃費が悪くなり、バーストしてしまうリスクだけではなく、スリップもしやすいです。また、なにか衝撃があった際、損傷しやすくなることもデメリットとして挙げられます。

タイヤ空気圧センサーの選び方

選び方
・中に付けるタイプかそれとも外に付けるセンサーなのか
・価格は高くないか
・スマホと連携できるのか

タイヤ空気圧センサーの選び方のコツは、どこに付けるタイプなのか、どれぐらいの値段なのか、スマホと連携できるのかチェックすることです。それぞれについて詳しく解説します。

どこに付けるタイプなのか

タイヤ空気圧センサーは中に付けるタイプと外に付けるセンサーによって特徴が異なります。タイヤの中に付けるタイプは、専門業者に依頼しなければなりません。そのため、作業費用などがかかります。しかしながら、しっかりと空気圧が計測できるため、走行中、安心感があるでしょう。

外に付けるセンサーは、ホイールを外す必要はなく、プロに任せなくても自身で取り付け可能です。もちろん業者に依頼すれば取り付けてもらえ、中に付けるタイプほど値段はかかりません。正確に空気圧を計測したい人よりも、できるだけコストを抑えたい人におすすめの種類です。

どれぐらいの値段なのか

タイヤ空気圧センサーは、商品によって価格が異なります。数千円で買える物もあれば、数万円必要なセンサーもあります。財布と相談して、どれぐらいの金額であれば出せるのか、検討しましょう。

さらに、空気圧センサーの機能性に注目して選ぶこともおすすめです。ブザーアラーム機能があれば、すぐに危険を回避できます。ソーラー給電機能が備わっていれば、いつでも充電できるため、非常に便利です。また、防水性に優れていれば、雨の日でも故障しません。

併せて、対応車種もチェックしておきましょう。タイヤ空気圧センサーの種類によっては、特定の自動車に対して対応不可としているケースもあります。さらに、保証サービスがあれば、故障時も安心です。LCDディスプレイを採用しているタイプならば、いつでも見やすいメリットがあります。

スマホと連携できる種類もおすすめ

タイヤ空気圧センサーの中には、スマホと連携し、スマホで空気圧をチェックできる商品もあります。専用アプリをダウンロードし、そこでさまざまな数値が表示され、普段からスマホを操作している人であれば、決して使いにくくありません。

また、USBでスマホを充電できるタイプもあります。今話題のスマート製品、IoT製品を選んでみてはいかがでしょうか。

今話題のIoTについても理解を深めよう

スマホと連携できるタイヤ空気圧センサーのような商品を、一般的には「IoT」と呼びます。具体的にはInternet of Things(モノのインターネット)の略称であり、照明、エアコン、テレビ、鍵などパソコン以外でもインターネットに接続できる仕組みを意味する言葉です。

自動車であれば、スマホを活用して音楽を聴けたり、農業においては、温度、湿度、気圧などが遠隔で管理できるため、無視できない技術となっています。他にも、交通機関、物流、医療など、さまざまな領域でIoT化が進められ、業務の効率化や快適性を目指しています。

また、自宅内にある電化製品をネットでつなぎ、スマホでコントロールしたり、GPSなども用いたりしながら、より快適に暮らせる住まいの「スマートホーム」も見聞きしたことはないでしょうか。スマートホーム事業は市場を拡大しており、日本の企業も続々と参戦しています。

これからもIoTは、経済に大きなインパクトを与え、ますます生活を便利にすると考えられています。しかしながら、ネットにつながっているからこそ、不正アクセスなどの問題も表面化しています。IoTについて理解を深め、そして正しく利用することは、多くの人に求められることでしょう。

タイヤ空気圧センサー以外のセンサーも人気商品

センサーとスマホが連携する商品は、タイヤ空気圧センサー以外にもさまざまあります。ドアや窓にセンサーを取り付けて、自宅外からでも開閉をチェックできるアイテムや、洗面所、トイレ、キッチンなどの周辺に取り付け、水漏れを知らせてくれる商品もあります。

人の動きに反応するセンサーもあり、タイヤ空気圧センサー以外にも、さまざまなシーンで最先端のテクノロジーは活用されています。

空気圧を確認できるバルブキャップもある

スマホを利用する商品ではありませんが、空気圧をチェックできる機能を持ったタイヤのバルブキャップもあります。色によって、適正なのか、あるいは空気圧がない状態なのか判断できるため、非常にわかりやすいです。空気圧計で測定するよりは、時間も手間もかかりません。金額もそれほど高くなく、指定空気圧によって種類が分かれています。

 

おすすめのタイヤ空気圧センサー「ZUS Smart Tire Safety Monitor」

商品名 ZUS Smart Tire Safety Monitor
商品画像
寸法 38x85 mm
質量 33g
価格(税込) 17,064円
評価 ★★★★☆
商品紹介 https://plusstyle.jp/shopping/item?id=254

「ZUS Smart Tire Safety Monitor」は、タイヤの空気圧だけではなく、温度もわかるおすすめのタイヤ空気圧センサーです。簡単に設置でき、しかも、レンタカーなど自分の車以外にも使用できます。そんな「ZUS Smart Tire Safety Monitor」のおすすめポイントや口コミ、注意点について解説していきましょう。

おすすめポイント

・耐久性のあるドイツ製センサー
・独自のアルゴリズムあり
・スマホで空気圧を確認可能

「ZUS Smart Tire Safety Monitor」(ズーススマートタイヤセーフティーモニター)は、ドイツ製センサーによってしっかりとタイヤの温度や空気圧をチェックしてくれる商品です。ハイクオリティな素材を使いつつ、しかも耐久性に優れ、さらに非常に軽量な作りになっています。

また、オリジナルのアルゴリズムにより、しっかりとデータを解析し、パンクなどのトラブルがあれば、スマホに報告してくれます。この機能性があるからこそ、気づきにくい空気漏れを検知し、安全な走行が可能です。

他にも、最適な空気圧を保持できるからこそガソリン代を節約でき、盗難を防止できるアイテムもセットです。バッテリーの寿命は、1日3時間ドライブする場合約1年間持ちます。さらには、防水・防塵性もあるタイヤ空気圧センサーです。また、ケーブルの長さは20cmあり、使用しやすいでしょう。

口コミ

良い口コミ
・アプリが日本語対応で嬉しい
・充電もすぐにできる
・取り付けがとても簡単
悪い口コミ
・値段が高い
・使い方がわからない
・サイズが小さい

良い口コミは、日本語でアプリを利用できて便利、リバーシブルUSBポートによって充電できるのは嬉しい、すぐに取り付けられるといった意見です。取り付け方法は、USBケーブルを差し込み、レシーバーとアプリをペアリングし、タイヤにセンサーを取り付けるだけです。わずか10分で取り付け設定ができ、マイカー以外にも使用可能です。

悪い口コミの中には、値段が高いという意見がありますが、ハイスペックの証拠とも言えます。また、使用方法がわからないという口コミもありますが、スマホ操作などに慣れている人であれば、まったく問題ありません。

サイズが小さいという評価もあるものの、コンパクトサイズで使いやすいというポジティブな意見の方が多いです。

注意点

・「ZUS Smart Tire Safety Monitor」の問題による車体保証は無し
・取り付けがうまくいかない時は専門業者へ
運転方法などにより効果は異なる

「ZUS Smart Tire Safety Monitor」の注意ポイントは、この製品により車体にトラブルがあった際、車体に対して保証がないことです。取り付けや外す作業に自信のない人は、専門業者に依頼して、失敗しないように気を付けましょう。

また、「ZUS Smart Tire Safety Monitor」によるさまざまな効果は、ドライブ方法によって異なりますので、注意が必要です。対応している自動車も、サイズが5.9m以下の四輪車と限られています。トレイラーなどには利用できないことを認識しておきましょう。

タイヤ空気圧センサーと併せて車関連のアイテムもチェック

より安全に、そして快適にドライブするためには、タイヤ空気圧センサー以外にも、タイヤ用空気入れやカーオーディオ、カーナビ、自動車用スマホホルダーの選び方について解説していきましょう。これらの中には、IoT化された商品もありますので、非常に使いやすいです。

タイヤ用空気入れの選び方

空気圧に欠かせないタイヤの空気入れには、さまざまな種類があります。タイプ別に特徴を知り、それぞれの機能性をチェックし、自動車以外にも使用できる空気入れはおすすめです。選び方について詳しく解説します。

さまざまなタイプがある

タイヤ用空気入れのオーソドックな種類は、レバーを上下させて空気を送り込む手動タイプです。いつでも使えるだけではなく、自動車に入れて持ち運びできるほどコンパクトサイズです。

できるだけ簡単に空気を入れたい人は、電動タイプがおすすめです。空気圧がどれぐらいなのか表示される種類もあります。充電式のコードレスタイプは、使いやすく、電源のないところでも使用できます。

機能性を確認

タイヤ用空気入れのタイプによって、機能性が異なります。設定した値になると自動的にストップする製品や温度が高くなると止まる空気入れもあります。最適な空気圧に調整してくれる種類もあり、非常に便利です。こうした機能性もチェックして、使いやすいタイヤ空気入れをチョイスしましょう。

他の空気入れとしても使用できるのか

自動車のタイヤ以外にも利用できる空気入れであれば、非常に便利です。レジャー道具や自転車、車いすなど、空気入れが必要なアイテムはたくさんあります。何に対応しているのかで空気入れを選ぶことも悪くありません。

カーオーディオの選び方

車内で音楽を楽しめるカーオーディオを選ぶ際は、Bluetoothに対応している種類がおすすめです。Bluetooth対応であれば、スマホとオーディオを接続して、自動車のスピーカーで音楽を流せます。もちろん、音質も悪くありません。

Bluetoothはどのバージョンなのか

ケーブルを使用することなく接続できるBluetoothは、オーディオ以外にも、さまざまな機器で利用されている技術です。スマホをはじめ、カメラなどもBluetooth対応している種類があります。

そんなBluetoothには、バージョンがあり、数値によってデータ通信速度が異なります。そのため、カーオーディオを選ぶ際は、どのバージョンなのか確認しましょう。カーオーディオにおいては「3.0」が主流のようですが、Bluetooth全体では、「1.1~4.2」という幅があります。

プロファイルについても調べる

Bluetoothの中には、「プロファイル」という規格があります。プロファイルについて理解を深めることで、音楽を聴けないリスクを回避できるでしょう。「HFP」は、車のマイクやスピーカーを使用し、スマホを手に持たなくても通話できたり、パネルの操作も可能です。

「PBAP」は、カーオーディオにデータを転送し、画面などから電話をかけられるプロファイルです。「A2DP」は高音質な音声のハンズフリー、「AVRCP」はリモート操作できるプロファイルであり、この2つが主にカーオーディオにつながります。

LDAC対応は優れた音質

LDAC対応であれば、優れた音質を楽しめます。LDAC対応は、大きなデータ量であるハイレゾ音源で音楽を楽しめる機器となり、音質を下げません。「A2DP」の場合、音質が落ちてしまうことが考えられます。

「臨場感のあるサウンドを流したい」「高音域もしっかり聞きたい」という人は、LDAC対応のカーオーディオを選択しましょう。

サイズや機能性も確認

カーオーディオのサイズや機能性もチェックポイントです。サイズは高さ50mm?幅178mmの「1DINユニット」、高さ100mm?幅178mmの「2DINユニット」の2種類です。車内のインテリアとして問題ないユニットを選ぶようにしましょう。

USBスロットがあれば、有線接続できるため、スマホの充電が気になりません。SDカードスロットのついているカーオーディオは、スマホ以外でも音楽を楽します。こうしたカーオーディオの機能性も必ず確認しましょう。

音楽だけではなく、映像も楽しめるモニター型のオーディオならば、よりドライブを楽しめます。Bluetooth対応のカーオーディオは、安ければ10,000~20,000円程度、高い場合、50,000円オーバーしますので、財布と相談しながら、自動車と自分に合った種類を購入しましょう。

カーナビの選び方

カーナビにもスマホと連動できる種類があります。Bluetooth対応している場合は、スマホを持たずに通話できたり、中には音声認識機能を備えているタイプもあります。音声によるナビゲーションのメリットは、安全に走行できることです。

カーナビの地図をアップデートする更新頻度が多いタイプも、ドライブを快適にさせます。新しい道ができたり、あるいは道がなくなったり、マップは常に変化し続けます。つまり、アップデートする更新頻度が多いほうが、道に迷うことは少なくなります。

カーナビのアプリも使いやすい

カーナビを購入したくない人は、スマホのアプリを利用しましょう。近年のカーナビアプリは非常に便利であり、さまざまな機能が備わっています。まずは、対応OSをチェックします。スマホにはAndroidとiOSの2種類あり、どちらかにしか対応していないアプリもあります。

また、場所によっては電波状態が悪く、オンラインでアプリを見れないため、マップをダウンロードできるタイプもおすすめです。国内だけではなく、海外に行った時も役立ちます。さまざまなルートを案内してくれるアプリであれば、大通りのみで目的地まで到着することも可能です。

より便利なアプリを使いたい人は、無料ではなく、有料タイプを選びましょう。有料であれば、燃費の確認や駐車場検索など、さまざまな機能を備え、運転の補助をしてくれます。もちろん、無料アプリでも、ルート案内はありますので、安心です。

自動車用スマホホルダーの選び方

自動車用スマホホルダーがあれば、ポケットに入れて座り心地が悪くなったり、地面に落として破損してしまうリスクを回避できます。選ぶ際は、まずはサイズを確認しましょう。他にも選び方のコツがありますので、詳しく紹介します。

設置方法

吸盤タイプであれば、車内のいたるところに設置できるだけではなく、キズもつけません。スマホの重量によっては落下してしまうリスクがありますので、吸盤の力が強い製品を選びましょう。粘着シールタイプも設置場所を問わない種類ですが、シール跡が残ってしまう可能性があります。

安定感を重視したい人は、クリップタイプや差し込みタイプがおすすめです。挟むだけで設置できる手軽さはありますが、車内のどの場所でも取り付けられるとは限りません。

スマホを置くだけで固定できるシリコンマットタイプも人気があります。安定性に欠け、設置する場所が限定されてしまいますが、スマホの固定に関しては、もっとも手軽と言えるでしょう。

固定方法

スマホを固定する方法も、自動車用スマホホルダーの種類によって異なります。手軽に着脱できるマグネットタイプは、揺れにも負けずおすすめです。オートホールドタイプは、スマホを置くだけで自動で固定してくれます。スマホケースを付けている場合、バネタイプが良いでしょう。

機能性

スマホホルダーの機能性もチェックポイントです。角度をコントロールできる種類であれば、画面を見やすくさせます。アーム機能が備わっていれば、よりスマホを自由に動かせるでしょう。数百円から数千円で購入できるスマホホルダーを、入手しませんか。

タイヤ空気圧センサーを設置して快適なカーライフを

まとめ
・タイヤ空気圧センサーで事故防止を
・ガソリン代の節約にも関係する
・スマホと連携するタイプは使いやすい

タイヤ空気圧センサーは、タイヤに取り付けて、瞬時に空気圧を確認できる優れた機械です。空気圧は、他にもさまざまな確認方法がありますが、タイヤ空気圧センサーであれば、管理する手間が省け、燃費が悪くならず、パンクにすぐに気づけるメリットがあります。

タイヤ空気圧センサーの選び方のコツは、どの部分にセンサーを取り付ける種類なのか確認することです。中に付けるタイプは、測定がしっかりしているため安心感があり、外付けタイプは、費用を抑えられます。センサーの機能性もチェックしましょう。

タイヤ空気圧センサー以外にも、カーオーディオやカーナビがスマホ対応であれば、より一層ドライブが楽しくなります。IoT製品を使って、より便利な暮らしを実現させませんか。

SHARE

CATEGORY

TAG