+Style MAGAZINE

オーディオ

ICレコーダーの失敗しない選び方|自分にあった商品を選ぼう!

ICレコーダーの失敗しない選び方|自分にあった商品を選ぼう!

さまざまな場面で活躍するICレコーダー

音声の録音や保存、再生ができるICレコーダーはさまざまなメーカーから発売されており、人それぞれの使い方をされています。主な使い方としては会議や打ち合わせ、セミナーなどの会話などを録音して記録し、後日確認するために使うことがほとんどです。

その他にも音を記録したい場面で活躍しますが、自分に合った賞品を選ぶことが一番重要になってきます。選び方のポイントを押さえて自分に合ったICレコーダーを選びましょう。

ICレコーダーの選び方

会議やセミナーなど、会話内容など音声を録音し、記録して後日確認するように保存できるICレコーダーですが、たくさんのメーカーから販売しています。しっかりと活用していくには使用目的に合った製品を選ぶ必要があり、いくつかのポイントがあります。まずは、価格、機能性、メーカーの3つの観点からICレコーダーの選び方のポイントについてみていきます。

1.価格で選ぶ

5,000円~20,000円

ICレコーダーの価格相場は約5,000円から20,000円にかけてで、中には高性能でさらに高い製品もあります。価格が上がるにつれて機能も高性能になっていき、高音質での音声の記録及び保存できます

価格で選ぶメリット

価格で選ぶメリットとしては予算にあったICレコーダーを選べられるというメリットがあります。高いものから安いものまで自分の予算にあったものを買うことによって経済的な負担を減らせます。

価格で選ぶデメリット

基本は価格が上がるほど性能が良くなっていきますが、同じ価格帯でもメーカーや製品によって性能が異なることがほとんどです。価格で選ぶと使用目的に合った性能を持った製品を購入できるわけではなく、スペックが足りなくて後で困る可能性もあるため注意が必要です。

2.機能性で選ぶ

ICレコーダーに期待できる機能
・音声の録音と保存
・保存した音声の再生
・ラジオの再生と録音

ICレコーダーの基本的な機能は音声の録音と保存で、録音した音声を再生する機能もあります。そのほかにもFMラジオやAMラジオなどを視聴と録音ができる機種やハイレゾ音源で録音できる機種もあります。

機能性で選ぶメリット

機能性で選ぶメリットは使用目的にあったICレコーダーを選びやすいという点です。どのようなタイミングや場所で使うかによって必要になってくるスペックは変わってきます。機能性で選ぶことによって使用用途に必要なスペックのICレコーダーにたどり着きやすいです。

機能性で選ぶデメリット

機能性で選ぶデメリットは予算をオーバーする可能性があることです。ICレコーダーに限らず電子機器類の性能にこだわるとどうしても価格が上がってしまいます。あらかじめ予算を決めている場合や使える金額が限られている場合は機能だけで選ばないようにしましょう。

3.メーカーで選ぶ

ICレコーダーは国内外のさまざまなメーカーから販売されます。メーカーによって搭載されている機能も価格も性能も大きく異なっており、メーカーで選ぶときは使用目的に合った性能を持つメーカーの製品を選ぶことになります。

ICレコーダーを生産販売している主なメーカーはパナソニック、オリンパス、オリンパス、タスカムなどが挙げられます。オリンパスはお手頃な価格帯のICレコーダーが多いのが特徴で、機能も充実しているため人気の高いメーカーです。

パナソニックはコンパクトサイズのICレコーダーが多く、初心者でも簡単に操作しやすいのも特徴です。音響機器を取り扱うソニーのICレコーダーはハイレゾ音源に対応した機種があり、高音質で録音再生が可能です。そしてタスカムは50年近い歴史を持っており、プロの人でも愛用する人が多い人気のメーカーです。

メーカーで選ぶメリット

メーカーによって選ぶメリットは、自分の使用用途に合う商品を見つけやすい点です。各メーカーによって開発の強みや技術力の違いがあり、それぞれのメーカーから特徴の異なる商品が製造販売されています。そのため使用目的に合った機能に強いメーカーを選ぶことで自分に合ったICレコーダーにたどり着きやすいです。

メーカーで選ぶデメリット

メーカーで選ぶデメリットは他のメーカーと比べて同じスペックでも価格が異なることが多いということです。使用用途に合ったメーカーのICレコーダーを選ぶことによってうまく活用していくことができますが、同じスペックで安い商品があることもあります。

メーカーで選んでしまうと予算オーバーする可能性もあるため、メーカーだけ選ぶのはできるだけ避けるのが無難です。

ICレコーダーのベストな選び方

価格、機能、メーカーでICレコーダーを選ぶメリットとデメリットを見てきましたが、それ以上にベストな選び方があります。ICレコーダーを選ぶときは①使用用途に合った機能②保存容量③音質④電源の4つのポイントを意識して選ぶのがベストです。

1.使用用途にあった機能で選ぶ

ICレコーダーを選ぶにあたって一番重要になってくるのが使用用途に合った機能を搭載しているかどうかです。音声の録音と保存そして再生が基本的な機能になってきますが、FMラジオやAMラジオを再生するだけではなく録音できる機種もあります。

また、録音する音源によっては高音質で録音できる必要があり、臨場感をそのまま体感できるハイレゾ音質で録音できる機種も出てきています。その他にも録音時に入ってしまうノイズをカットしてくれる機能や、会話の部分だけをわかりやすくする機能、話のスピードなど録音した音源に合わせたスピードで再生できる機能などを搭載しているかなど重要になってきます。

購入するときはどのような機会にICレコーダーを使いたいのか明確にし、店舗で比較しながら購入することによって失敗を減らせます。さらに、録音したデータをパソコンを移す必要がある場合はデータの取り込み方法も大切になってきます。中には本体にUSB端子がついている機種もあり、そのような機種は簡単にデータをパソコンに取り込めるためおすすめです。

2.データの保存容量で選ぶ

音声の録音と保存を行うICレコーダーを使っていくにあたって保存容量は重要なポイントです。製品によって内臓メモリーに保存するか外部メモリーに保存するかは異なってきますが、長時間の録音を行うときは十分な容量が必要になってきます。

内蔵メモリーのみの場合は容量が2~4GBまでの機種が多く、ちょっとした録音であれば十分な容量です。しかし、長時間のセミナーや会議、講義などを高音質で録音する場合は容量が足りなくなることが多く、もう少し多めの容量が必要になってきます。

対してSDカードを使える機種は最大32GBまでのカードに対応している機種が多く、内蔵メモリーしかない機種よりもより多くのデータを保存できます。高音質で長時間の録音をする場合は容量の大きい場合はSDカードにデータを保存できる機種を使うと安心です。

また、中には内蔵メモリーとSDカード両方へ保存できる機種もあり、両方使えると使える場面が広がり、さまざまな場面で使うような人はとても使いやすいです。

3.音質で選ぶ

録音する内容によっては音質も非常に重要になってきます。特に音楽や自然の音など綺麗な音を記録して後で楽しみたいという人は大切になってきます。音質はマイクの性能や保存できるデータ形式によって変わって来るため、音質でICレコーダーを選ぶときはマイクの性能と高音質で保存できるファイル形式に対応しているかが重要です。

マイクの性能で言えば録音するときに入ってしまうノイズをどれだけ抑えられることが重要になり、しっかりと音を拾いつつノイズは入らないマイクを搭載したICレコーダーを選ぶ必要があります。また、録音方法もモノラル録音よりも音の奥行きを記録できるステレオ録音ができることも重要です。

ファイル形式に関して言えばWAV形式よりもMP3形式のほうが高音質で保存でき、さらにリニアPCM形式で保存すればさらに高音質で記録できます。リニアPCM形式とは一般的に販売されているCDにも使われている形式で、圧縮などの加工を行わずに保存します。そのため音をそのまま保存でき、臨場感ある音を楽しめます。

4.電源方式で選ぶ


音声の録音保存と再生を行えるICレコーダーは大変便利なアイテムですが、電源がないと動きません。そのため、選ぶときも使うときのことを考えて最適な電源方式のものを選ぶ必要があります。

ICレコーダーに使われる電源方式には乾電池、内臓電池、USB充電、AC電源の4種類があります。それぞれメリットデメリットがあるためしっかりと理解しておきましょう。

乾電池式

乾電池式の商品の多くは単三や単四電池などを使うことが多く、電池が切れてしまったら新しい電池に交換するだけですぐに使えるというメリットがあります。長時間の使用でも予備電池さえ用意しておけば心配ありません。

また、乾電池を使用する機種の多くはお手頃な価格の商品が多く、低予算でICレコーダーを購入したいという人におすすめです。

内臓電池式

最新のICレコーダーは乾電池式よりも内蔵電池式の商品が増えてきています。内蔵電池式の賞品は本体内にリチウムイオン電池などの充電できる電池が入っています。

本体にUSB端子がついており、直接パソコンとデータのやり取りするときに一緒に充電する機種もあります。他には専用の電源ケーブルを使って充電をする、または一般的なUSBケーブルを使う場合もあります。内蔵電池式のICレコーダーを使用する際は充電方法もしっかりと確認する必要があります。

AC電源方式

AC電源方式とはコンセントから給電して使うタイプのICレコーダーで、音楽業界など長時間などの録音する環境で使う人向けのハイエンドモデルに多い方式です。

常に電源を確保できるため充電の心配はいりませんが、コンセントがないと使えないため屋外での使用に制約があるのが難点と言えます。しかし、屋内で長時間の録音をする必要のある場面では大変重宝します。

おすすめのICレコーダー

使用目的によって選ぶことによってうまく活用しやすいICレコーダーですが、最近ではBluetoothで接続するだけで携帯電話での通話内容を録音保存ができる商品も発売されています。その商品の特徴と口コミをぜひ参考にしてみてください。

iPhoneブルートゥース通話レコーダー Stickphone


「Stickphone」はiPhoneとBluetoothで接続するだけで通話内容を簡単に記録保存できるICレコーダーです。初期設定時に使っているiPhoneと購入したStickphoneをBluetoothで接続し、Stickphoneの本体を操作して通話を行うことによって通話内容が録音されます。

商品名 iPhoneブルートゥース通話レコーダー Stickphone
商品画像
寸法 20 x 113 x 11.5(mm)
質量 20.5g
価格 14,040円
特記事項 iPhoneのみに対応
評価 ★★★★
公式サイト

https://plusstyle.jp/shopping/item?id=347


また、通話録音だけではなく通常のボイスレコーダーとしての機能も使え、サラリーマンなど電話や会議などの記録を日常的に行っている人にとって大変便利な商品です。音声ファイルはMP3形式に対応しているため、高音質での音声録音が可能になっています。

USB端子がついているためパソコンとダイレクトに接続でき、録音して記録したデータを簡単に保存できます。重要なデータはすぐにパソコンへバックアップを取れます。小型で軽量のため持ち運びもしやすく、いつでもどこでも使えます。

口コミ

良い口コミ
・通話録音するときに便利
・操作が簡単
・ンプルで使いやすい
悪い口コミ
・通話相手の環境によってノイズがひどい
・データの保存日時を記録できなくて不便
・声が聞き取りづらいことがある

いつでもどこでも通話内容を録音し記録できるStickphoneですが、いい口コミも悪い口コミも両方寄せられています。良い口コミとしてはシンプルなデザインと操作で扱いやすいというものや、iPhoneには通話録音できるアプリがないため重宝するといった口コミが多く寄せられています。また、通常の電話アプリを使った通話だけではなく、LINEなどのほかのアプリを使った通話も録音できると人気が高いです。

対して悪い口コミとしては電池の残量が分かりにくくて外で使うのが難しいといったのや、録音した日付と時間を記録できなくて不便といった口コミが寄せられています。通話の録音を行うときの多くは後々に確認するために行うことが多く、録音した日付を記録できないのは使う側にとってマイナスポイントになってしまいます。

また、Bluetoothで接続するため聞き取りづらいことがあり、相手の電波や回線の環境によっては録音した通話内容にノイズが入るという口コミも寄せられています。BluetoothでiPhoneと接続するだけで簡単にできる便利な商品ですが、いい面だけではなく悪い面もあることを考慮しておきましょう。

目的に合ったICレコーダーを活用していこう

ICレコーダーは様々な場面で音声を録音保存し記録するのに大変重宝する電子機器です。それぞれの用途にあったものを選ぶことによって十二分に活用できます。価格やメーカーだけで選ぶことなく、どのような機能が搭載されているかが非常に重要なポイントになってきます。

細菌ではBluetoothで接続するだけで簡単に携帯電話での通話内容を記録、保存できる商品まで出ています。うまく活用すれば非常に便利なICレコーダーですが、まずは自分に合ったICレコーダーを見つけて行きましょう。

まとめ
・メーカーによって特徴が異なる
・使用用途に合った商品を選ぶことによって目的に合った使い方ができる
・Stickphoneは通話内容を記録できて便利
SHARE

注目記事ランキング

1週間の人気記事

CATEGORY

TAG