+Style MAGAZINE

スマート家電

IoTとは?IoT家電のメリット・接続方法・人気の家電を紹介

IoTとは?IoT家電のメリット・接続方法・人気の家電を紹介

「IoT家電」という言葉を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。実は今ある家電にデバイスを追加するだけで、簡単にIoTの導入ができます。 この記事では、IoT家電について知りたい方や興味のある方に向けて、IoT家電の種類や利用するメリットを説明します。IoT家電で生活がどう便利になるのかイメージしたい方は必見です。

先端技術「IoT」とは?

「IoT」とは、インターネット通信の先端技術を指す「Internet of Things」の略で、日本では「モノのインターネット」と訳されます。私たちの身近な家庭用電気製品であるテレビ、エアコン、冷蔵庫、スピーカーなどにIoT技術を活用したものを「IoT家電」と呼びます。IoTにより、家電の遠隔操作、状態の確認、モノ同士の通信などが可能になりました。 では、これらのIoT家電の登場で、私たちの暮らしはどのように変わるのでしょうか。

「IoT」化の背景

「IoT」化の背景

産業界では、渋滞情報、アメダス、エレベーター監視など、機械同士の通信は古くから行われていました。それらの通信技術を家電に広げる構想は昔からあったものの、通信環境や費用面での課題も多く、長らく実現には至りませんでした。 ところが、スマートフォンの普及によりその状況が一変します。高速通信網の整備が拡大し、Wi-Fi環境のある家庭も激増しました。通信関連の電子部品の低価格化なども追い風になり、コストをかけずに通信機能の搭載が可能になったことでIoT化が加速したのです。

IoT家電を使うメリット、便利な機能は?

家電はIoT機能がなくても十分に便利に使える機能を備えていますが、IoT家電は単に「便利」とひとくくりにはできない多彩なメリットがあります。IoT家電で実現できるおもなメリットについて紹介します。

1:スマートフォンなどで遠隔操作が実現

スマートフォンなどで遠隔操作が実現

スマートフォンやタブレットで「Hey Siri」や「OK Google」と音声検索や音声操作を行う人も多いでしょう。IoT家電とスマホやタブレットなどの端末を連携させれば、家電本体や専用のリモコンに触れなくても、離れた場所からスマホやタブレットのアプリで簡単に操作できます。 また、IoT機能を搭載したスマートスピーカーなら、「アレクサ」や「OK Google」と呼びかけるだけで、ハンズフリーで音声操作が可能です。「リビングの電気を消して」「テレビの音を大きくして」など、育児や介護、家事などで手がふさがっていても声だけで操作できるため、それぞれのリモコンを持ち替えて別々に操作せずに済みます。

2:AIの学習が暮らしを便利に

AIの学習が暮らしを便利に

大手電力会社は、電気使用量を自動で計測し電力会社へ送信するスマートメーターの整備を進めている最中です。パソコンやスマホで簡単に電気使用量の推移や電気料金の確認ができ、IoT家電の運転履歴も一目瞭然です。これにより、電気代の内訳が見える化されると同時に、節電につながる情報などをアプリで確認できます。 IoT家電は人工知能のAIを搭載することにより、さらに高度に進化した使い方ができます。IoT家電の利用データをAIが学習し分析するため、利用者の動向や好みに合わせた最適なサポートが可能です。 たとえば、お掃除ロボットは、使い込むほどに学習して間取りや物の配置を覚えて最適な順序で掃除をします。洗濯機なら、AIが天気に合わせた適切な洗濯コースを選び、好みの洗い上がりに仕上げます。このようにAIは利用者のこだわりや考えを理解し、暮らしが便利になるよう多方面に支援してくれるのです。

3:高齢者やお子さんの安心・安全、セキュリティをサポート

高齢者やお子さんの安心・安全、セキュリティをサポート

IoTは、高齢者やお子さん、ペットなどの見守りも得意です。IoTカメラなら、留守番や昼寝の様子を外出先や別室から映像で確認できます。カメラ機能のないIoT家電でも、電気ポットや冷蔵庫の使用状況を、離れて住む家族が確認することで、いつもと変わらない生活を送っていることに安心感を得られるでしょう。 また、家電が適正に使えていない場合は、必要に応じて遠隔操作で事故を防止します。メディカルケアやヘルスケアに特化したIoT家電では、高齢者の異変や子どもの体調不良を素早く発見することも可能です。介護の現場でも、遠隔操作でエアコンを適温に調整して高齢者の熱中症を予防するなどの対策が行われています。 他にも、自宅の鍵を閉め忘れたときに外から施錠できるスマートロック機能や、夜間に自宅の照明を遠隔操作で点灯させることにより、留守宅の防犯対策につながるセキュリティ機能も充実しています。

4:スマートスピーカーによる音声操作

スマートスピーカーによる音声操作

「Siri(シリ)」「Google アシスタント」「Alexa(アレクサ)」のそれぞれに対応したスマートスピーカーは、テレビやエアコンの音声操作はもちろん、さらに効率よく使う方法があります。 たとえば、起床時にはカーテンを開けてエアコンを入れ、洗濯機を回し、お湯を沸かして天気予報やニュースを聞くといった毎朝のルーティンを登録しておけば、「アレクサ、おはよう」と声をかけるだけで、個別に指示しなくてもまとめて操作できます。ベッドからでも、手がふさがっているときでも、簡単な音声だけで操作できるのは思いのほか便利です。

接続方法は「Wi-Fi」か「Bluetooth」

IoT家電は、Wi-FiかBluetoothのいずれかの方法で接続するのが一般的です。Wi-Fiは、高速通信が可能で電波の届く範囲が約100メートルであるため、外出先から遠隔操作したい家電にWi-Fiが使われます。音声や映像の大容量データでも高速の伝送が可能で、メーカーやモノに関係なく安定した通信が行えることがメリットです。 一方、Bluetoothは10メートル以内の近距離通信に適した規格です。通信速度はWi-Fiに劣りますが、家電同士が近くにあれば手軽に接続でき消費電力が低いことがメリットです。その他にも920MHz帯無線(IEEE802.15.4g)やZigBee(IEEE802.15.4)などの通信規格があり、伝送容量や距離、電波の強さなどそれぞれの特徴に応じて産業用途で利用されています。

IoT家電の種類や使用例、おすすめ最新家電はこちら!

IoT家電の種類や使用例、おすすめの最新IoT家電と、それぞれどのようなことができるのか紹介します。

IoT家電の代表例①照明

スマートフォンやスマートスピーカーで自動点灯や、遠隔操作できる照明機器・電球も登場しました。たとえば、+Style ORIGINALの「スマートLEDシーリングライト」ならWi-Fi接続に対応しているため、外出先からスマホのアプリで電源のオンオフや、明るさの調節、発色切替などの細かな設定が操作できます。天井に一般的なシーリングの固定器具が付いていれば、特別な配線工事は不要で誰でも簡単に設置可能です。 スマートLEDシーリングライトは、読書や作業時には昼白色で見やすく照らし、夜のリラックスタイムは暖色系の色味で光量を下げるなど、好みに合わせて無段階に調節できます。スマートスピーカーがあれば音声で操作できるため、動けないときや手が離せないときにも便利です。 他にも、明るさを無段階に、色も切り替えられる寿命の長いLED電球もあります。電球ソケットのある玄関や廊下、洗面所など場所を選ばず利用できます。

IoT家電の代表例①照明

IoT家電の代表例②エアコン

IoT化されたエアコンも今売れ筋の一つと言えますが、自宅のエアコンを簡単にIoT化したい、という場合にはエアコン用のスマートリモコンがお薦めです。 たとえば+Style(プラススタイル)の「Sensibo Sky」はエアコン専用のスマートコントローラ。WIFI接続でスマホアプリや声で自宅の家電をコントロールすることができます。普段の生活で「エアコンのリモコンがない!」ということはありませんか?特にエアコンはリモコンがないとオンオフができません。スマートリモコンがあれば、スマートフォン一つでオンオフが可能となっています。また、これらの一連の操作を、スマートフォンで家族や会社など周囲の人と共有して、一緒に管理することもできるのでとても便利です。

IoT家電の代表例②エアコン

IoT家電の代表例③扉の鍵

自動車のスマートキーのように、IoTにより自宅の玄関もスマート化が可能です。玄関ドアにスマートキーを取り付け、スマホ専用アプリにキーを登録すれば、玄関に近づいただけで自動で解錠してくれます。 スマホはバッグやポケットから取り出すことなく、ハンズフリーで開け閉めできるため防犯面でも安心です。荷物が多く両手がふさがっていても、鍵を探す手間がかかりません。専用アプリで、鍵の利用制限設定、合鍵作成、Wi-Fi対応のため遠隔操作も可能です。 +Style(プラススタイル)のQrio Lock(キュリオロック)なら、工事や穴開け不要なため賃貸住宅にも簡単に取り付けられます。別売のQrio Hubと連携すれば、外出先から解錠と施錠の操作や、家族の帰宅や外出をスマホの通知で受け取ることも可能です。Qrio Lockなら、鍵の開閉の自動化にとどまらずセキュリティや安心もプラスされ、ライフスタイルがもっと自由になります。

IoT家電の代表例③扉の鍵

IoT家電の代表例④掃除機

ロボット掃除機は自走して自動で床をきれいに掃除してくれるため、一度使うとこれまでの掃除機に戻れないと言われています。昨今ではさらに高機能になり、Wi-Fi機能のあるものや、水拭きしたり音声操作したりできる製品が登場しました。 たとえば、+Style(プラススタイル)の「Roborock(ロボロック) E4 ロボット掃除機」なら、カーペットでは自動的に吸引力を強くするなど、床の材質に合わせて適切な運転に切り替えるため丁寧かつきれいに掃除してくれます。吸引力を上げたパワフル運転でも動作音は静音のまま、効率の良いルートで掃除してくれます。これまで蓄積された走行データからAIが学習して自動で内部マップを作り、移動速度もアップしたため、より短時間で掃除が完了します。アプリでかんたん操作ができる点も魅力の一つです。 掃き掃除と水拭きの掃除が同時にできるなど、便利な機能が揃っている点も人気の理由です。

IoT家電の代表例④掃除機

IoT家電の代表例⑤加湿器

IoT機能のほかに多彩な機能を持つスマート加湿器も登場しています。+Style ORIGINALのスマート加湿器は、スマホの専用アプリやスマートスピーカーから電源のオンオフ、1分単位の複数のタイマー設定などの一連の操作が可能です。Wi-Fi対応のため、外出先の位置情報を取得し、自宅に近づいた時点で自動的に運転を開始することもできます。 他のIoT家電と連携させれば、室内の湿度が下がったときに自動で電源をオンにしたり、湿度が上がりすぎれば自動で電源をオフにしたりなどの調節も自由自在です。もちろん、加湿器としての機能も申し分なく、ミストの量や向きも微調整できるとともに、アロマオイルを使用してアロマディフューザーとしても使えます。 高品質のLEDを採用し色や明るさを変えられるため、その日の気分に合わせて手軽に癒やしの空間ができあがります。

IoT家電の代表例⑤加湿器

まとめ

IoTは未来のものではなく、既に生活の一部になりつつあります。IoT家電の便利さを体験したい、暮らしに取り入れたいと思う方は、まずは特別な工事が不要で導入が簡単な+Style(プラススタイル)の製品を試してみてはいかがでしょうか。スマートフォンと連携することで遠隔操作が可能になり、ますます使い勝手が良くなります。これを機にワンランクアップの暮らしを始めてみませんか。詳細は+StyleのIoT家電ページにてご確認下さい。

SHARE

注目記事ランキング

1週間の人気記事

CATEGORY

TAG