+Style MAGAZINE

スマートホーム

おうち時間を充実させるためにスマートホーム化してみた

おうち時間を充実させるためにスマートホーム化してみた

自宅での生活を”頑張って”きました。しかし、家で過ごせる時間が長くなるほど、必然的に家事や日常と向き合う時間は増えます。本当に頑張りたいこと・楽しみたいことがある一方で、家事や日常に時間や活力を削がれているのは非常に勿体なく感じるものです。そこで、なるべく頑張ろうとすることをやめることで、「おうち時間」を充実させられるのではないか、とスマートホーム化にチャレンジしました。

そもそも、日常生活を振り返ってみると、いろんな家事や作業が疲弊の源になっているのが分かります。料理をする頻度が高くなれば、食器を洗う量が増えます。洗濯機を回す頻度が高くなれば、洗濯物を干す作業が億劫になります。もし、こうした家事に費やしていた時間やパワーを温存できたら、紅茶を飲みながらのんびり読書ができるでしょう。久しぶりに絵を描いても良いですし、お菓子と炭酸飲料を買ってきて観たかった映画に没頭することだってできるはずです。

だからこそ、食洗機を購入すれば負担は減ります。乾燥機能付き洗濯機を購入すれば、見える世界も変わるはず。しかし、いざこうした家電を揃えるとなると、残念ながらそれなりにお金もかかる。特に、洗濯機に関しては10万円は必要です。食洗機も台所の間取りによって設置が難しい。結局、勢いで買って失敗したくないやら、予算が足りないやらで、二の足を踏んでしまっていました。

そこで方針変換――。まずはコストがかからなくて、もし失敗しても後悔しない部分から改善していくのはどうだろうか、と。

たとえば、エアコンやテレビのリモコンがどこにあるかわからずキョロキョロと探したり、「さぁ寝るか」とベッドに転がってからうっかり電気を消し忘れていたことに気づいたり――。声に出さずとも「嗚呼、面倒だなぁ」と心の片隅に抱えていたような作業を消すのです。これらは、スマートホームデバイスを活用することによって解消可能。機器によっては、価格も決して高くないですからね。

 

エアコンは完全自動化

エアコンのオン・オフは、「スマートマルチリモコン」を活用することで、音声操作に一本化しました。スマートスピーカーはもちろん、「Siri」とも連携させられるので、手元のiPhoneで指示すれば済むようにカスタマイズしています。

たとえば、ちょっと暑いなと思ったときに、「ええっと、リモコンリモコン……」と探し回る1分間は存在しません。我が家では「Siri」をオンにして「暑い」と言えば指定の温度で空調が整います。

また、もう一歩踏み込んで、外気温が27度を超えたら冷房が23度で動き出し、外気温が23度を下回ったら冷房が止まるようにもしています。まずは、「作業しなくて良い」を実現し、そこから「意識しなくても良い」の段階にステップアップさせてみたわけです。

 

テレビは前に座ると勝手にオン

テレビは、「スマートホームカメラ(フレキシブルアーム)」と「スマートマルチリモコン」を併用して、自動でオン・オフを制御できる設定を整えました。スマートホームカメラは見守りのために映像を遠隔で確認するためにも使えますが、それが必要ない状況下では、動きを検知するセンサーとしても活用できるのです。

具体的には、テレビ前に「スマートホームカメラ(フレキシブルアーム)」を設置しておき、ソファに座る人の動きを感知してテレビが自動でオンになるようにカスタマイズ。これでリモコンを触らずとも、とりあえずテレビが付く状況を作れました。チャンネルの変更には、ボイスコマンドなどを用いれます。

テレビを見終わってソファを離れるときにも、自動でテレビがオフになります。動きを検知する感度は、3段階で調整可能です。

 

ライトは時間とセンサーで自動化

寝室では、シーリングライトに「スマートLED電球(調光・調色)/E26」を、ベッドサイドには「スマートLEDベッドサイドランプ」を活用。寝室を出た廊下には「スマートLED電球(調光)/E26」を配置しています。

これらは19:00を過ぎると、勝手に電源がオンになるように設定しているので、数があっても暗くなった寝室に入ってポチポチとスイッチをオンにする手間がかかりません。ただベットに転がり、眠くなるまでベッドサイドランプを頼りに読書ができます。

また、寝る前に「おやすみ」と一言Siriで指示すれば、まとめて電源がオフになるようにしています。電気を消してから布団に入らなくて良いので、眠気が来たら立ち上がらずに、そのまま布団に沈むように就寝できるのもありがたい。

ちなみに、廊下に設置した人感センサーを利用して、17:00~19:00までは人を感知すると一定時間だけ寝室の電気がオンになるようにもカスタマイズしています。寝室の押し入れに衣類を収納していたりするので、夕暮れの時間帯に暗いと着替えを取り出すたびに電気をつけなければならないわけですが、部屋に入るだけでパチっと明かりがつくのが楽です。意外と暗い部屋で壁のスイッチを探すのって手間ですからね。なお、人感センサーがしばらく何も感知しなければ、勝手に証明がオフになるようにしているので、出るときもスイッチは放置でOK。

 

床掃除はロボットに一任

ライトの類と比べるとやや高額ですが、それでも1万円台で入手できるのが「スマートロボット掃除機 B300」。我が家のリビングでは、朝になると勝手に床掃除が行われるので、掃除をサボっても落ちている髪の毛を見る機会がぐんと減りました。

敷いてあるラグマットの段差も乗り越えられますし、そこそこ複雑な家具配置ですが、しっかり掃除してくれています。朝の7:00に掃除を開始してくれるので、掃除機の音が鳴り出したら、ちょっとした目覚ましがわりにもなりますよ。

もちろん、たまにケーブルの先端を床に広げたまま忘れて寝てしまったときなどは、それを吸い込んで充電ステーションに帰れずに固まっている朝もありますが……。それもご愛敬。

自動設定のカスタマイズ方法などを覚える必要はありますが、スマートIoT家電があれば、日常生活の大部分が自動化できます。Wi-Fi環境とスマートフォンさえあれば、電球一つからでも挑戦可能。まずは気になるところから「手抜き」に挑戦してみてはいかがでしょうか。

SHARE

この記事を読んだ方におすすめの記事

注目記事ランキング

1週間の人気記事

CATEGORY

TAG